賞味期限が切れていないものも…年間600万トン捨てられる「まだ食べられる食品」

まだ食べられるのに捨ててしまう「食品ロス」が社会問題となっている。日本で1年間に捨てられる「まだ食べられる食品」の総量は約600万トン。1人あたり毎日茶碗一杯分の食べ物を捨てていることになる。

そのような「まだ食べられる食品」を安く購入した上に、寄付までできるショッピングサイトがある。このサイトでは、黒毛和牛の焼肉が約半額、人気のレモンチューハイが4割引きなど、格安で販売されている。

この記事の画像(20枚)

岐阜・関市の食品リサイクル工場。

次々と捨てられる野菜や果物、パンやコンビニ弁当など…。

中には賞味期限が切れていないものもある。この工場では毎日20トンほどの廃棄食品を、豚や鳥の飼料に加工している。

塩飴は涼しい夏だと売れないが…余ったら捨てざるを得ない事情

岐阜・大垣市に本社がある、明治10年創業の老舗菓子メーカー「鈴木栄光堂」。
倉庫に積まれていたのは、賞味期限が迫っている塩飴や新商品のクッキー。

鈴木栄光堂の代表:
夏の塩飴で、暑いとすごく売れるし涼しいと全然売れないし…。先に作っておかないといけないので、どうしても余るリスクが高い

この会社では出荷できず余ってしまった商品が、毎月段ボール20箱ほど出ている。社会貢献するためにも、できるだけ食品ロスは減らしたい。
一方で、できるだけ売上は伸ばしたいと歯がゆい思いをしていた。

そこでこの課題を解決するため、食品ロスを少なくするあるサービスを行う企業と取引を始めた。

大手メーカーの炭酸水からお菓子まで…廃棄予定の商品を格安で購入しネットで販売

2021年4月、フードロスを解決するための社会貢献型ショッピングサイト「クラダシ」は、大垣商工会議所と連携協定を締結し、市内の企業と取引を始めた。

クラダシは、食品メーカーなどで廃棄処分される予定の商品を安く買い取り、格安で販売するショッピングサイトで、2014年にスタートした。

東京にあるクラダシの物流倉庫には、大手飲料メーカーの炭酸水に、人気のチョコレート菓子が…。コンビニやスーパーでおなじみの商品だが、賞味期限の問題やデザインの変更で捨てられる予定だった。

クラダシの関藤竜也社長:
メキシコのお土産のチョコレート。海外のお土産を扱う旅行会社から「廃棄になってしまうので、お助けください」と

新型コロナの影響で売れ残ったお土産に、お歳暮用のギフトセット。季節が変わるとまだ食べられる商品も捨てられてしまう。

サイトに並ぶ1500種類以上の格安商品…購入金額の一部は寄付へ

商社マンだった関藤竜也社長は、駐在先の中国で大量の食品ロスを目にし、「フードロスはいずれ環境面で大きな社会問題になる」と感じた。どうしたら止められるかを考え、社会貢献型ショッピングサイト「クラダシ」を立ち上げた。

現在、クラダシが提携する企業は約850社。人気のレモンチューハイが40パーセントオフ。ノルウェー産サーモンの刺身も65パーセントオフ。

食品以外にも美顔ローラーが75パーセントと、サイトには1500種類以上の商品が並ぶ。

購入金額の一部はフードバンクや環境保全団体などに寄付され、買い物をすると社会貢献ができる仕組みだ。関藤社長は、「メーカー側も、ブランドイメージと販売価格を棄損せず、SDGs的に企業価値も向上できるのがメリット」と話す。

「知らずに募金・なおかつ安い」…お得な買い物がいつの間にか社会貢献に

1年以上前からクラダシを利用している、愛知・長久手市に住む大曲江未さん。「だいぶ安い」と、8パック入りの鹿児島県産の「鶏もものタタキ 3キログラム」(4968円)を購入した。

定価は1万5000円以上だが、クラダシでは5000円以下に。他にも、普段は少し高くて手が出ないトニックウォーターや、子供用のチョコレートなど食卓にはクラダシの商品が並ぶ。

高級食パンやプレミアム生絞りジュースなど、流行りの商品をチェックするのも楽しみの1つ。しかし、魅力はそれだけではない。

大曲さん:
(買い物で)どのくらい貢献できたかがのっている。おにぎり116個分

サイトには、自身の買い物による支援総額が表示される。大曲さんは、「知らずに募金、気負わず協力ができ、なおかつ安い」とクラダシのメリットを話す。

お得な買い物で社会貢献。クラダシでは、今後も連携する企業や自治体を増やし、食品ロス削減の輪をさらに広げる予定だ。

関藤社長は、「目標は、日本で一番食品ロスを削減する会社。皆が使えば使うほど、メーカーや消費者さらに社会貢献活動団体がハッピーになる仕組みを確立していきたい」と未来を描く。

(東海テレビ)