Live
プライムニュース『小池都知事に生直撃! 感染急減少の背景とは 五輪成果&総裁選分析』【ライブ】
東海3県「新型コロナワクチン64歳以下の接種券」の発送開始日は…?
新型コロナワクチン

東海3県「新型コロナワクチン64歳以下の接種券」の発送開始日は…?

東海テレビ
東海テレビ
地域

愛知の自治体の発送開始日…名古屋7月中旬、豊橋6月28日から

職域接種が本格化してきたが、自治体による集団接種などを受けるには接種券が必要だ。

この記事の画像(4枚)

64歳以下の接種券は、愛知県では小牧市や安城市、田原市など18の自治体で既に発送が始まっている。

6月中を予定しているのが、一宮市、長久手市、豊田市、岡崎市のほか、豊橋市も28日からと発表している。

愛知県内の7割にあたる40の自治体が、6月中に発送を始める予定だ。

7月は上旬に春日井市や東海市など、中旬に名古屋市や刈谷市、稲沢市。7月中または7月以降としているのが豊明市や新城市など。常滑市は未定となっている。

岐阜の自治体の発送開始日…県内4分の3以上の自治体で6月中に

64歳以下の接種券は、岐阜県では21日に発送が始まった川辺町のほか、飛騨市や可児市などで既に発送が始まっている。

6月中には岐阜市のほか、各務原市、高山市など、県内の4分の3以上の自治体で発送となる。

そして7月からは、上旬に恵那市中旬に瑞浪市、下旬に美濃加茂市などとなっている。
岐阜県では、7月末までにすべての自治体で発送がスタートする見通しだ。

三重の自治体の発送開始日…津は7月上旬から,四日市は6/26

64歳以下の接種券は、三重県では熊野市、伊勢市、亀山市などですでに発送が始まっている。そして四日市市が6月26日に発送する予定のほか、松阪市や鳥羽市など、三重県内の約8割の自治体が6月末までに発送を始める見通しだ。

7月は上旬に津市、中旬に朝日町、下旬に鈴鹿市などとなっている。

各県とも、接種券の発送では年齢の高い順など独自に優先対象を決めている市町村もある。
また接種券が届いた後は、予約が取れ次第接種を受けられる地域が多いが、接種までの手順には違いもあるので、それぞれに確認が必要だ。

(東海テレビ)

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×