東海三県のワクチン大規模接種会場のこれから…スピード感早まるワクチン接種
新型コロナワクチン

東海三県のワクチン大規模接種会場のこれから…スピード感早まるワクチン接種

東海テレビ
東海テレビ
地域

愛知で7月から新たに4か所…営業終了する「結婚式場」にもさらに新設の見通し

東海3県では各県で大規模接種が始まり、愛知県では7月からはさらに4つの会場で実施されることになっていて、スピードが速くなっている。

愛知県の大規模接種会場は現在、豊山町の県営名古屋空港ターミナルビルと豊明市の藤田医科大学で、5月24日から実施されている。

対象は空港が「名古屋市」「春日井市」「小牧市」「豊山町」、藤田医科大が「名古屋市」「刈谷市」「大府市」「豊明市」「日進市」「東郷町」で、合わせて1日最大3000人で進められている。

この記事の画像(8枚)

7月からは4つの会場が加わわる。

1つは名古屋市東区のバンテリンドームナゴヤで、対象は「名古屋市」「瀬戸市」「長久手市」「春日井市」「尾張旭市」。7月5日から1日最大500人規模の予定だ。
外野席のコンコースにパーティションなどを設置し、プロ野球のデーゲームやイベントの無い日の午前から昼過ぎまで実施するとのこと。

ほか3つの会場は、いずれも西三河に7月3日から新設される。
岡崎市の愛知医科大学メディカルセンターでは、「岡崎市」「豊田市」「知立市」「みよし市」が対象となる。1日最大500人から1000人規模で、平日の午後と土日も開設される。

岡崎市南西部の藤田医科大学岡崎医療センターも会場になる。ここでは「岡崎市」「西尾市」「安城市」「蒲郡市」「幸田町」が対象。1日最大1000人規模で、土日を含め毎日午後に実施予定だ。

もうひとつは安城市の安城更生病院で、対象は「安城市」「碧南市」「刈谷市」「西尾市」「知立市」「高浜市」。1日最大840人規模で接種は土日のみの予定。

これらの4会場が7月から大規模接種会場として新設されるが、いずれも予約は対象の各自治体で対応する形だ。

このほか東三河でも、豊橋市に会場が新設される見通しだ。関係者によると6月で営業を終了する結婚式場「マリエール豊橋」を会場にする方針とのこと。

ただ遅くとも9月には建物の取り壊し工事を始める必要があるということで、県が期間や規模など詳細を詰めている。

岐阜・三重の大規模接種会場とそれぞれの実施状況 いずれも土日に開設

岐阜県と三重県でも新型コロナウイルスワクチンの集団接種が、6月12日から高齢者などを対象に始まっている。

岐阜県での大規模接種の会場は、現在は岐阜産業会館のみで、岐阜市と各務原市が対象。1日最大500人規模で進められ、今後は接種状況に応じて対象を広げることも検討するとしている。

三重県では6月12日に三重大学で始まったほか、6月19日からは四日市大学、県営サンアリーナでも実施される。三重県の大規模接種では、7月末までに合わせて1万5000人ほどに接種する予定だ。

(東海テレビ)

岐阜県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>> 三重県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×