東京五輪・パラリンピックの開催に向け、入国する大会関係者をどれだけ減らせるか?
大会組織委員会は、延期前に14万1,000人を想定していた関係者を、5月21日時点で5万9,000人に減らしている。

しかし、その内訳をみると、IOC役員・委員など、いわゆる「オリンピックファミリー」は3,000人のまま、また「各国・地域のオリンピック委員」も1万4,800人のまま、である。

6月6日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」では、運営責任者である、大会組織委員会MOCチーフ・中村英正氏を招き、話を聞いた。

中村氏によると、内訳の「選手の友人・家族など」が2万1,000人からゼロに減っているが、この中に、本来「オリンピックファミリー」や「各国・地域の五輪委員」に分類すべきだった関係者が含まれている、という。
いわば、まとめ方に問題があり、中村氏自身も「きちんと説明すべきだった」と説明した。

その上で、中村氏は「大会の1カ月前にこの数字をリニューする。きちんと数字は出していきたい。したがって、この下(オリンピックファミリーや各国・地域の五輪委員)も減る」と述べ、6月中に“新たな数字を”示す、とした。

番組のレギュラーコメンテーター・橋下徹氏は、「国民感情として、(五輪は)選手の大会であり、選手たちが競技できるだけで良いと思う」、「選手、スタッフ、レフェリーなどの運営者だけで、あとは(日本に)来るなと。そういうことで国民の理解を得るべきだ」などと持論を述べた。

これに対し、中村氏はこう応じた。
「オリパラもちょっと大きくなりすぎたところがあるので、本当に必要なものに絞っていかないと、やはり理解は得られない」と。

以下、番組内での発言。

梅津弥英子キャスター:
いわゆる海外からのVIPの数は減らせるのか。組織委員会によりますと、海外から日本に来るオリンピック関係者の数、大会延期前に予定されていた14万人1,000人から、現時点では5万9,000人にまで減っている。その内訳は「国際競技団体」「放送関係者」「プレス関係者」が減っている。そして「選手の友人・家族など」は2万1,000人から0になっている。「その他」のゲストやスタッフ等も5万人以上減っている。一方で「各国・地域のオリンピック委員」が1万4,800人、IOC役員・委員などの「オリンピックファミリー」3,000人。ここ数字が延期前のままになっていると

組織委MOCチーフ 中村英正氏:
ここは、ちょっと説明不足なところがありまして、1つは2万1,000人を0にしたというのは、どこに入るかと言うと、下の2つNOC(各国・地域の五輪委員)、IOC(オリンピックファミリー)のところに入ってくる数字です。本当は下の中に含まれる数字で、その分を丸々落としたっていうところをきちんと説明すべきだったと思っています。で、その上で残る五輪委員とオリンピックファミリー委員自身の例えば奥さま、あるいは旦那様を帯同するのは、これまでの習慣でしたけれども、そういうのは無くすということになっておりまして、ただ今、その人数を集計している。14.1万人から5.9万人(に削減したこと)を5月21日に出させていただいたが、これで終わり、ということではない。これから1カ月ごとに、例えば大会の1カ月前にこの数字をリニューしますし、大会の直前にリニューするということで、そういうことできちんと数字は出していきたいと思っています。したがってこの下(オリンピックファミリーや各国・地域の五輪委員)も減ります

松山俊行キャスター:
オリンピックファミリーといわれるIOCの理事・委員などが3,000人から3,000人で変わっていないということは、これから配偶者などが減って、数字としてはグッと減ってくるということですか?

組織委MOCチーフ 中村英正氏:
そうですね、減ります。それをきちんとお示ししたいと思います。6月中に

橋下徹氏:
オリンピック貴族と言われている委員とかオリンピックファミリー、入国を認めなきゃいいんですよ。出入国管理法の5条の14号のテロ規定使ってね。
(※入管法第5条「次の各号のいずれかに該当する外国人は、本邦に上陸することができない」~14号「前各号に掲げる者を除くほか、法務大臣において日本国の利益または公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」)
テロリストじゃないですよ。テロリストじゃないけど、今、入国制限しているのは、その規定でもう入国制限かけているのだから。本当にこの大会に必要な人材だけ選んだらいいじゃないですか。国民感情として聞いていただきたいのは、やっぱりこれ選手の大会ですしね、今のこういう状況なので、選手たちが競技できるだけで良いと思う。僕、知事・市長の時にもいろんな大規模イベントやった時に、一番面倒くさいのが、花付けて出席するVIP、来賓。これ面倒くさいでしょう? いろいろ段取り組んで、席順うるさいし、大会運営に役に立つわけでもないし、あいさつ長いし、これ面倒くさいです。今いい機会だから、役に立たない、意味のない人材は全部ゼロにすると、こういう人たちは大会をやるためのサポート役なのだから、わざわざこんな時期に来てもらう必要ない。まあ、これ中村さんがやることではなくて、最終的には政府がメッセージ出すべきですよ。今回、こういう特殊な大会なのだから、選手とスタッフとレフェリーとかそういう運営者だけで、あと来るなと。そういうことで国民の感情の理解を得るべきだと思いますけどね

組織委MOCチーフ 中村英正氏:
社会自体がこの1年半そうなってきているわけですよね。いろいろあることでちょっといろんな付加的な要素が出てきたところを、このコロナ禍で本当に必要最小限に絞っている、こういう社会ですので、オリパラもやっぱり、ちょっと大きくなりすぎたところがあるので、ここはシンプルに本当に必要なものに絞っていかないと、やはり理解は得られないと思います

橋下徹氏:
多分、国民の多くが、僕は別に国民の代表じゃないですけど、バッハさんとコーツさんだけは入れてほしくないのが、ほとんどの日本国民の感情だと思いますから、バッハさんとコーツさん、特にバッハ会長入れないってことを是非やってもらいたい

組織委MOCチーフ 中村英正氏:
(バッハ会長の「東京大会を実現するために、われわれはいくつかの犠牲を払わなければならない」発言について)あの報道は、ちょっとミスリーディングだったんですよね。我慢しなきゃいけないっていうのは、日本人我慢せよって言っているのではなく、選手も含めてコロナ禍でいろいろ我慢しながら大会をやろうっていうことで、実際僕が言ったことと同じことを言っているわけですね

松山俊行キャスター:
犠牲を払わなきゃいけないとか、一連の発言ですね

組織委MOCチーフ 中村英正氏:
ただ、その上で、やはり発言がKYだったところもあるので、そこは直さなきゃいけないとは思っています。ただ、バッハ会長とかコーツ委員長の他に、お祭りだから来ちゃっている人はいるわけです

橋下徹氏:
バッハさんも自分の国で見てくれたらいいじゃないですか。別に選手として出てくるわけでもないので。国民感情に理解を進めるのだったら、それくらいのメッセージ出してほしいですけどね