コロナ禍での新しい生活スタイルにも活用できそうだ。
岡山・真庭市特産の木材を使ったユニークなキャンピングカーが完成し、お披露目された。

この記事の画像(7枚)

窓越しにパソコンを操作する男性、扉を開けると木製のキャビンが…

これは、木材を使った軽トラックのキャンピングカー。
地元の木材需要を拡大しようと、真庭木材事業協同組合が、市の協力を得て製作した。

荷台に造られたキャビンは、長さ188センチ、幅138センチ、高さ146センチ。

室内には折りたためるテーブルのほか、箱型のベンチが設置されている。

材料に使われているのは、真庭産のヒノキなど。

キャンピングーを製作した笠光生さん:
花見とか河原でコーヒーとか 非日常が味わえるツール

販売価格は60万円からで、将来的にはキャビンを自分で作るキット化も考えているという。

(岡山放送)