今やスマホは手放せないアイテムだが、家で充電するときや、鞄に充電用ケーブルをいれて持ち運んでいるときに、ケーブルがこんがらがって困ったことは誰にでもあるのではないだろうか?

この悩みに終止符を打つべく、新たなスマホの充電用ケーブルが登場した。

パソコンの周辺機器などを手掛けるエレコム株式会社が1月下旬から発売しているのは、形状記憶で絡まりにくいケーブルで、その名も「まとまるケーブル」。

この記事の画像(4枚)

「まとまるケーブル」は特許出願中の独自技術である形状記憶加工ケーブルで、使わないときや収納するときにケーブルがくるんとまとまるというのだ。

くるりと丸まったケーブルは、持ち運びがすっきりするだけでなく、デスク上で他のケーブルなどとからまるイライラからも解放されるという。

また抗菌加工が施され、ケーブル被覆やコネクタ上に付着した雑菌の繁殖を抑えるとのことだ。
 

「まとまるケーブル」のコネクタは、iPhoneなどで使われるLightning(1m,2m)と、USB Type-C(1m,2m)、そしてLightningとType-Cの変換アダプタ付きUSB micro-B(1m)の3種で、カラーはそれぞれ白黒を展開。 

なお店頭実勢価格は1280円(税抜)からで、2月3日現在、Lightning(1m,2m)とUSB Type-C(1m,2m)のタイプが発売されている。

これまでにも磁石を使ったり、巻き取る仕組みを搭載したり、いろいろな方法でケーブルのからみを防ぐ商品がたくさん出ているが、それらと「まとまるケーブル」はどこが違うのだろうか?
また、どのくらい形状記憶はもつのだろうか?これらの疑問をエレコムの担当者に聞いてみた。
 

地味だけど毎日「イイ」と思える商品

――「まとまるケーブル」の発想のきっかけを教えて

これまで当社では、ケーブルの断線や取り回しの難しさといった課題を解決する製品として「耐久ケーブル」や「やわらかケーブル」を商品化して参りました。利用しない時の収納性やモバイル性については、巻き取りケーブルを提案しておりましたが、巻き取りケースが大きくなり収納性やモバイル性が悪くなるという課題を抱えていました。ケースなしでケーブルをまとめることができればと思い、今回の企画を進めることになりました。


――磁石付きなど他商品より優れた点はどこ?

「まとまるケーブル」の最も大きな特徴は、磁石やバンドを使わずにケーブルをまとめることができる点です。

磁石を使うと鞄の中で磁気カードに悪影響を与える事がありますし、バンドは紛失や毎回巻き付ける手間がかかります。ケーブルをまとめる磁石が内蔵されたケーブルなどは、形状を自由に変えることができる面白さであったり、バンドであればケーブル結束力の点で当社製品よりも優位な所がありますが、いずれの製品も毎日使用する事を考えると少々扱いづらい仕様となっております。

当社製品は、まとめやすさに焦点があたりがちですが、日々生活の中での使いやすさ、にも意識して商品開発を行っています。デスクの上でスマートフォンを充電した後、簡単にケーブルを円状にまとめるなど、実際にケーブルを使うシーンを想定して本製品を開発しています。非常に地味なポイントですが、毎日ご使用頂く中で「これいいな」と思って頂ける商品をお届けしたくて、この商品を開発しました。
 

毎日使っても2~3年は形状記憶

――「独自の形状記憶加工」とはどんなもの?

細かな手法・手順は非公開となりますが、大まかには加熱と冷却によって、ケーブルに形状記憶加工を施しています。加熱炉のサイズから始まり、治具の形状、加熱時間、加熱温度、冷却時間、冷却温度など複数の要素それぞれに最適な条件を見つけて加工を施しています。


――形状記憶はどのぐらい持つの?

本製品を毎日ご利用頂いたとして、2~3年程度は形状記憶の機能を維持できます。ケーブル利用方法や頻度により大きく左右されますので、あくまで参考としてお考えください。


――タコ足配線でも使いやすい?

ケーブルを丸くまとめておける場所があれば、タコ足配線の環境でも使いやすい商品かと思います。付属のクリップを併用頂ければ、コンセント周りにスペースがない環境でもケーブルが乱雑にならず、ご利用頂きやすいと考えております。


――有線イヤホンなどへの展開はある?

他のケーブルへの展開も検討を進めております。ユーザーから好評を頂く面もあれば、改善要望を頂く面もあると思いますので、頂いたご意見を大切にしつつ別製品への展開を進めてまいります。
 

ケーブルがたくさんあると絡まってしまうことも(画像はイメージ)

PC電源、Wi-Fiの充電、固定電話、LANケーブル、テレビのアンテナやHDMI、さらには家電と、自宅やオフィスにはたくさんのケーブルやコードがあることだろう。

これらが絡まずみんなまとまったら、スッキリした気分になって仕事なども捗りそうだ。「まとまるケーブル」は今のところスマホが主なターゲットだが、是非ほかのケーブルにも広げていただきたい。
 

【関連記事】
実は“メモ機能”より便利なの? メモが書ける「スマホケース」が支持される理由を担当者に聞いた
本末転倒?ワイヤレスイヤホンをつなげる“ストラップ”が話題…製品に込めた思いをダイソーに聞いた