コロナ禍を少しでも快適に…テレワークの特別プラン

この記事の画像(11枚)

緊急事態宣言の再発令に伴い、テレワークが推奨されているが、家ではなかなか仕事がはかどらないという人もいるのでは?

皆さん、どこでテレワークをしているのか? 探してみると、意外なところで快適に仕事をする人たちがいた。

名古屋の大須商店街にあるビルの一室。

リポート:
たくさんのボトルが並んでいます。このバーの座席にパソコンを広げている方がいらっしゃいますね

ムーディーなバーでパソコンに向かう男性の姿。大須の万松寺が運営する「万松寺バー」だ。

急事態宣言の再発令による時短要請を受け、お昼の12時から夕方の5時までのテレワークプランを始めた。

すぐに常連になったというプログラマーの男性。

利用する男性:
落ち着いた雰囲気の中でできるので、重宝させていただいています

バーだけあってテーブルの上にはなんとワインも。料金は1時間1000円で、お酒やおつまみ、スイーツなどからお好きな一品を選ぶことができる。

万松寺の住職:
コミュニケーションをとる場所としてだけでなく、お仕事をしていただける場所に開放するのも、1つの良いアイデアかなと思ったので

一方、名古屋市内にあるコンフォートホテルでは、大きな画面でオンライン会議。

このホテルではテレワーク応援プランとして、午前8時から午後8時までの12時間、Wi-Fi完備の部屋を4200円で借りることができる。

マネージャー:
1回目の緊急事態宣言下で、お部屋を余らせておくのがもったいなく、日中での販売を開始いたしました

デイユースプランでは、1階のカフェで無料のコーヒーを飲んでリフレッシュ。午前8時から9時半までにチェックインした人には、ビュッフェスタイルの無料の朝食もついてくる。

マネージャー:
1日に5名から10名ほどのお客さまにご利用いただいております。駅から近いというのも選ばれている理由かと思います

さらに、全国に展開するビッグエコーでは、すべての店舗でテレワーク用に1時間500円で部屋を貸し出している。

2017年の働き方改革を受け、一部の店舗でスタートしたこのプランだが、コロナ禍で利用者は2020年の10倍以上に。

20種類あるソフトドリンクを好きなだけ飲みながら、完全防音の静かな部屋で仕事もはかどりそう。また店舗により値段は違うが、テレワークプランは、カラオケ用に部屋を借りるより1時間で約300円安い。ただし、カラオケの使用は禁止だ。

しかし、仕事を終えた後、新たに料金を払いストレス発散をする人も多いとのこと。

店の担当者:
テレワークの際に、ご自宅にお子さまがいてうるさくなっちゃうとか、そういうお客様にはいい環境なのかなと

(東海テレビ)