麻生さんはなぜメディアに喧嘩を売り続けるのか

カテゴリ:地域

  • 日本の新聞のレベルは低くないのか?
  • 麻生さんは概ね正しい
  • 図星を指されて逆上するマスコミ

森友とTPP11どちらが重大な問題か

麻生財務大臣がまた失言して謝罪した。

 麻生さんは「森友の方がTPP11より重大と考えているのが日本の新聞のレベル」と発言したことについて「森友と比較したのがけしからんという点については謝罪する」と。

どうして謝罪するのかな。

だってもし新聞というかメディアが、森友の方がTPP11より重大と考えているなら、それはレベルが低いですよね。

鬼の首を取ったように麻生さんをいじめるメディア

メディアは麻生さんの「TPP11の署名は新聞に一行も載っていなかった」という発言を問題にしていて「俺たちはちゃんと載せてる」「麻生は新聞も読んでないのか」と鬼の首を取ったように麻生さんをいじめている。

これってあんまりかっこよくないね。

だって洪水のような森友報道に比べれば、TPPに関する報道はゼロに等しいではないですか。
つまり麻生さんの言ってることは概ね正しい。

図星を指されて新聞の人たちは逆上して怒ってるんじゃないのかな。
お前らは経済、外交、安保で難問山積してんのに野党と一緒になって、忖度忖度と騒いでるだけじゃねーか。
と、麻生さんは言いたいわけですから。

憎まれ口?あれは麻生さんの「地」です

それにしても麻生さんはどうしてここまでメディアに喧嘩を売るのか。
実は今回の財務省の公文書書き換え問題で、麻生さんは責任を取って辞めると安倍さんに言ったが引き留められた。

嵐のような野党やメディアの攻撃には麻生さんしか耐えられない、と安倍さんは思ったのだろう。
だから麻生さんは安倍さんの盾になっているふしがある。

とは言ってもわざと憎まれ口をきいているわけではありません。
あれは麻生さんの地ですから。

確かに麻生さんの詰めは甘い。
「一行も書いてない」とさえ言わなきゃよかったのに。
惜しかった。

でも叩かれても叩かれてもメディアに喧嘩を売り続ける麻生さん.。
僕は好きだな。


平井文夫の言わねばならぬの他の記事