疲れた時に入れば、いつでもリフレッシュできる。そんな装置が近いうちに登場しそうだ。合板卸売業の広葉樹合板(北海道)が、オフィス家具メーカー・イトーキの技術協力を受けて、立ったままで休憩・仮眠ができる「仮眠ボックス」の開発を始めたのだ。

仮眠ボックスの特徴は縦型であること。外観はSF映画に出てくる「ポッド」のようで、内部に設けた凹凸で体を安定させつつ、もたれかかるようにして休む。大きさは公衆電話のボックスほどを想定しているという。※開発中のため変更の可能性あり

仮眠ボックスのイメージ(提供:イトーキ)
仮眠ボックスのイメージ(提供:イトーキ)
この記事の画像(4枚)

提供先はオフィスなどを想定し、2023年夏の販売を目指しているという。興味深い試みだが気になるのは縦型であること。ネットの反応は賛否両論で、評価の声がある一方で、一部では「ディストピア」(反理想郷)を感じるとの意見もあった。

職場では周囲を気にして休めない人も

職場のデスクやソファなどで休むのとは、どう違うのだろうか。仮眠ボックスの狙いや縦型の理由を、広葉樹合板の担当者に聞いた。


――仮眠ボックスの開発を始めた経緯を教えて。

弊社では、コロナ禍での働き方の変化もあり、オフィス家具もサブスクリプションで提供していくものになるのではないかと思っています。そうした中、2021年11月のビジネスマッチングイベントでイトーキ様と個別面談を行う機会があり、技術が弊社の構想していた新商品・サービスに利用できると考え、意見交換を重ねた結果、契約に至りました。

オフィスへの設置イメージ(提供:イトーキ)
オフィスへの設置イメージ(提供:イトーキ)

――縦型なのはなぜ?机などでも休めるのでは?

休憩・睡眠用のベッドや自席での睡眠は、周囲の目もあり、気軽に休むことができません。また、ベッドなどは水平方向に寝転んで休憩するので、広いスペースが必要になり、面積の限られたオフィスなどには多数設置することが困難です。ボックスタイプであれば、立った姿勢のままの睡眠を実現するのでこれらの課題を解決することが可能になります。

――縦型でしっかりとした休憩はできるの?

もちろん、心地よい環境は目指します。その上で感覚的なお話になりますが、重力に対して垂直の姿勢であれば、睡眠が深くなりすぎずに、起きたときに早く脳が立ち上がると受け止めています。少しの時間での休憩や仮眠でも、オン・オフが切り替えられると思います。

短時間でも心地よい空間を目指したい

――ボックス内はどんな感じ?体をどう支える?

基本的に膝部・臀部・頭部の3点を支持する仕組みになります。今後最適なポジショニングを検証しますが、それぞれの身長や体型に合うようアジャスト機能を設けます。快適な仮眠をとれる事が優先ですので、体にコンタクトする支持部分の材質・角度・大きさが重要になってくると思います。


――支える以外の機能などはつけるの?

コロナ禍もあるので、何よりも換気機能は不可欠です。空気浄化機能も搭載していくつもりで考えております。このほか、消臭機能であったり、心地よい音楽が流れたりすることも考えております。先のお話ですが、最終的には酸素ボックス機能なども搭載できたら面白いのではと思っております。

――ネットでは賛否両論だがどう受け止めた?

いろいろな意見があると勉強をさせていただきました。だからこそ、利用者にとって心地よいものを作らなければいけない、頑張らなければいけないなと受け止めています。

オフィスでも落ち着いて休める選択肢に

――どんな環境での活用を想定している?

まずはオフィス。睡眠には暗いところが適していますが、自分の机の上やソファだけを暗くするわけにはいきませんし、社交性がある場所ならなおさらです。仮眠ボックスであればそのような環境でも落ち着いて休めるのではないでしょうか。職種によっても需要が生まれる可能性があると思います。例えば、特に体力を使う仕事など、少しの時間でも仮眠したい職場環境にも需要があるかもしれません。

内部に設ける凹凸のイメージ(提供:イトーキ)
内部に設ける凹凸のイメージ(提供:イトーキ)

――設置費用はどのくらい?購入希望者はいる?

既に購入希望のお話はいただいておりますが、開発は2022年7月にスタートしたばかりで、構造・デザイン・価格ともに今の段階では発表出来かねる状況にございます。現段階で考えております商品の提供方法ですが、オンラインによるサブスクリプション形式と販売の双方で考えております。


――仮眠ボックスに関連して、伝えたいことは?

NASAの仮眠研究による実証実験では昼に仮眠をとることで、認知能力と注意力が向上しているという結果もでています。まずは、心地よさと安全性の部分の検証を進めつつ、働く現場の新たな仮眠環境整備に一翼を担える商品のリリースを一日も早く目指していきます。


多くの人が集まる環境では、周囲の視線が気になって休憩や仮眠が思うようにできないことは考えられる。仮眠ボックスはそうした時の選択肢になれるのだろうか。心地よいと思える空間をどのように実現するのか、開発を見守っていきたい。