「パーン」。『乾いた音が夜の静けさを切り裂いた。捜査員突入の次の瞬間「犯人が発砲。1番員が撃たれた」との一報で捜査本部は騒然となった』。往時を知る捜査員の証言である。

女子大生誘拐 身代金3億円

2006年6月、東京・渋谷で女子大生が拉致され、母親が身代金3億円を要求される事件が発生した。「最後の誘拐事件」とも呼ばれている。実は捜査員が殉職していてもおかしくなかった。警視庁捜査一課特殊犯捜査係の突入検挙部隊、通称「SIT」(エスアイティー)が女子大生の監禁場所に突入する際、犯人から発砲されていたからである。

梅雨の合間によく晴れた日だった。被害者の女子大生は通学のため停留所でバスを待っているところ犯人によって声をかけられ、ワゴン車に半ば押し込まれようにして拉致される。この時、不審に思った通行人が犯行車両のナンバーを不完全ながらも記憶していた。通報を受け渋谷署に設置された捜査本部は犯行車両の割り出しを急いだ。

誘拐の様子を目撃した通行人が駆け込んだ鉢山町交番(2006年6月 東京・渋谷区)
誘拐の様子を目撃した通行人が駆け込んだ鉢山町交番(2006年6月 東京・渋谷区)
この記事の画像(11枚)

目撃された不完全ナンバーに近いワゴン車がないかが焦点となる。そこで挙がったいくつかの車のうち実際に渋谷の拉致現場から逃走した車がないか、自動車ナンバー自動読み取り装置、通称「Nシステム」のデータから犯行車両が絞り込まれていった。

「何かあったら女を消せ」緊迫の尾行劇

少なくとも夕方には犯行に使われたとみられるワゴン車の尾行が始まっていたという。小回りがきき察知されにくい「トカゲ」と呼ばれるバイクが追跡していた。やがて犯行車両は目的もなく同じルートをグルグル回り始めた。そのためトカゲの捜査員は尾行が勘づかれている可能性があることを恐れた。

容疑者の自宅アパート(2006年6月 横浜市鶴見区)
容疑者の自宅アパート(2006年6月 横浜市鶴見区)

ちょうどその頃だったのだろうか、犯行車両に乗っていた男が、アジトで被害者の女子大生を監禁していた男に電話し「しっぽ(尾行)が離れない、何かあったら女を消しちゃって」と話していたことが後の裁判で明らかになった。アジトの男は「裏切られたようだな」と言って女子大生の顔に実弾が装填された拳銃の銃口を向けていた。

被害者の救出に一刻の猶予もない状況だった。つかず離れずのぎりぎりの尾行が行われていたのだろう。粘りの尾行は事件のスピード解決に繋がる。多摩川沿いのアジトの近くで尾行部隊はついに犯行車両の男への職務質問に踏み切り、アジトに案内するよう男に求めた。

男は、意外にも、捜査員の要求に、素直に応じたという。そして男を先頭に女子大生が監禁されている川崎市内のマンションの部屋まで行き、インターフォンを押させドアが開いた。その瞬間の出来事こそが冒頭の捜査員が語った場面だ。

SIT捜査員に向け銃弾が・・・

ドアが開くや否や先頭だったはずの先導の男が瞬時に倒れこんだという。その刹那、いたはずの男がいなくなりSITの先頭にいた1番員は拳銃を向けている犯人の男と正面から対峙する格好になった。

監禁場所となったマンション(2006年6月 川崎市中原区)
監禁場所となったマンション(2006年6月 川崎市中原区)
女子大生が保護され後、監禁場所となったマンションの家宅捜索が行われた(2006年6月 川崎市中原区)
女子大生が保護され後、監禁場所となったマンションの家宅捜索が行われた(2006年6月 川崎市中原区)

この時、銃口が土管のように見えたとの証言もある。捜査員の視覚がどれだけ拳銃その1点に集中したかを表している。そして銃を手にしている犯人の腕の筋肉がピクっと明らかに波打ったのが見えたという。拳銃の引き金を引いた瞬間だった。銃声が轟く中、SIT捜査員は立ち上る硝煙を吹き飛ばす勢いで雪崩のように犯人に突進した。犯人制圧。同時にSITは13時間にわたって監禁され絶望の淵に立たされていた被害者を無事保護したのである。。

一方、犯人が銃を持っていたことを知った捜査本部は色を失ったに違いない。「1番員の状況は?」捜査本部は無線報告を祈る様に待ったはずだ。九死に一生とはまさにこういうことを言うのだろう。至近距離から頭を撃たれた1番員はほぼ無傷だった。弾がそれたのか。

捜査員の命を救った「停弾」

そうではなかった。発射されたはずの弾丸は、弾の形をそのままに銃身内に留まっていた。「停弾」と呼ばれている。おそらくその弾だけ火薬量が少なかったか、梅雨時で火薬が湿気てしまったのか、弾丸の射出に十分な発射薬の爆発力が発揮されなかったということらしい。弾は既に発射されてしまったため再現実験はできず、「停弾」がおきた理由は不明のままだ。

犯人の自宅アパートの家宅捜索(2006年6月 横浜市鶴見区)
犯人の自宅アパートの家宅捜索(2006年6月 横浜市鶴見区)
渋谷署の前では、犯人を乗せた捜査車両を報道陣が囲んだ(2006年6月)
渋谷署の前では、犯人を乗せた捜査車両を報道陣が囲んだ(2006年6月)

SIT捜査員の奮闘について、事件指揮を執った当時の刑事部長は「血も凍るような現場での命がけの神業である」と讃えている。人知を超えた何かの力が弾を食い止めたと思えてくるのも無理はない。被害者保護、犯人逮捕への捜査員の執念があってこその結果だが「停弾」は奇跡だった。

この事件以降、国内で身代金目的誘拐事件は今日まで16年間発生していない。「最後の誘拐事件」で捜査員が身命を賭して示した「事件を解決させる力」が、その後の誘拐事件の発生そのものも食い止めているのではないか。そう思えてならないのは私だけだろうか。

(フジテレビ報道局・上法玄)