送電線の下は“蝶の楽園”…なぜ蝶が集まるのか?農工大の研究…

ギャラリー
送電線下(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
送電線下(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
※送電線下で確認されたチョウ。ウスバシロチョウ(草原性種)(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
※送電線下で確認されたチョウ。ウスバシロチョウ(草原性種)(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
各環境で確認されたチョウの種数と個体数(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
各環境で確認されたチョウの種数と個体数(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
※ミヤマカラスアゲハ(森林性種)(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
※ミヤマカラスアゲハ(森林性種)(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
送電線下(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
※送電線下で確認されたチョウ。ウスバシロチョウ(草原性種)(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
各環境で確認されたチョウの種数と個体数(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
※ミヤマカラスアゲハ(森林性種)(画像提供:東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院教授 小池伸介)
×