受験生や就活生に向けて日本郵便は、新型コロナウイルスの感染拡大や大雪などで郵便に遅れが出ていることから、速達や書留を利用するよう呼びかけている。

日本郵便は、従業員に新型コロナウイルスの感染者が出ていることや、北から西日本の大雪の影響で配達に遅れが出ていて、日数に余裕を持って郵便物や荷物を出すように呼びかけている。

中でも受験生や就活生には、提出期日がある書類を送る場合は速達や書留を利用することを勧めている。

13日の時点で、新型コロナの影響で大阪府や岡山県、埼玉県など8カ所の郵便局で窓口を休止している。

感染拡大・大雪で郵便に遅れが出ており、速達や書留の利用を呼びかけている
この記事の画像(3枚)
感染拡大・大雪で郵便に遅れが出ており、速達や書留の利用を呼びかけている
経済部
経済部


フジテレビ報道局経済部 財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食などを担当している。

記事 473