スイーツで目指す佐賀・小城市の地域活性化

佐賀・小城市に本社を置く竹下製菓のアイスクリームで、しましまがトレードマークの「トラキチ君アイス」がこのほどシェイクになった。

堀江舞アナウンサー:
アイスよりもバナナの味が濃厚に感じられて、シェイクならではのクリーミーさが口いっぱいに広がります

一方こちらは、一口サイズのカラフルなようかん。ラズベリーや抹茶など、7種類の味が楽しめる。

堀江舞アナウンサー:
ラズベリー味をいただきます。甘すぎない。ラズベリーの香りとほのかな甘みが口に広がり、華やかな味わいです。新感覚のようかんですね

一見、新製品のスイーツに見えるが、小城市はこのスイーツで地域活性化を目指している。

小城市役所総合戦略課 西田浩二係長:
予想を上回る反響をいただいていますので、こういったところで小城の知名度が上がっていって、全国でも「小城聞いたことあるよ」と言っていただけるきっかけに、はじめの一歩になればいいなと

人口減少・商店の衰退…地元愛がアイディアに

2020年1月、小城市内で開かれたある会議の様子。

ーー小城の新しい特産品を作ろうということで…

ーーお子様向けに、ようかんをおやつとして食べてもらいたい

新商品についてアイデアを出しているのは、地元企業と市民。

小城市役所総合戦略課 西田浩二係長:
町づくりをしていく中で、市民の方や地元企業の方と一緒にしていった方が盛り上がっていきますので

小城市の人口は年々減少傾向にあり、15年前の2005年からは約2000人減少。
また、市内の商店の数は14年前から4割ほど減り、人口減少や商店街の衰退などが近年の大きな課題だった。

そんな時…

小城市役所総合戦略課 西田浩二係長:
「スマートインターチェンジ」という新しいインフラを活用して、市を活性化したいと考えていまして

2018年、小城市に開通した県内初のETC専用のスマートインターチェンジ。

市は交通手段が増え、「インフラを生かした地域活性化ができる」と、NEXCO西日本九州支社とまちづくりに取り組む協議会と連携協定を結んだ。

住民目線がカギ 名物アイスのシェイク&一口ようかん誕生

“住民目線の意見を”と、公募で集まった住民と地元企業が意見を出し合い、1年かけてようやく完成。

シェイクのバナナはできるだけ熟成したものを使い、シマシマはチョコレートを回すように描き再現されている。

竹下社長も完成品にご満悦の様子。

竹下製菓 竹下真由社長:
おーシマシマ!バッチリですね。うん、おいしいです。よりフレッシュなバナナの感じがしっかりありますね

いくつものアイスを出している竹下製菓。
その中でトラキチ君が選ばれた理由とは?

竹下製菓 竹下真由社長:
トラキチ君がずっと竹下製菓の中では3番手なんですけど。最初は、地域住民の方から「トラキチ君のお酒が飲みたい」と。それだと大人しか楽しめないということで、シェイクだったら幅広い年代の方にもお楽しみいただけるんじゃないかと

一方こちらは、一口ようかんのオギキューブ。

みつばや小城羊羹製造本舗 店主・西村和剛さん:
大きさは1.5cmです

寒天を溶かし砂糖と白あんを入れたあと、ラズベリーなどの粉末を混ぜ合わせ、1つ1つ地道に切っていく

ーー疲れませんか?

みつばや小城羊羹製造本舗 店主・西村和剛さん:
いや、かなり疲れます(笑)

苦労して製作に励む裏には、「地元の特産品を絶やしたくない」という3代目・和剛さんの切実な思いが込められている。

みつばや小城羊羹製造本舗 店主・西村和剛さん:
和菓子は食べられる機会が少なくて、私たちもずっと悩まされているんですが、手軽に手に取って、県外の方にも広く“こんな小城ようかんもあるんだよ”というのを知ってほしい

そして9月26日、長崎道の金立サービスエリアで販売が始まったオギキューブ。
わずか数時間で完売した。

小城市役所総合戦略課 西田浩二係長:
こういったところをきっかけに小城市全体が盛り上がっていけるような取り組みをさまざまな面で進めていきたい

シェイクは、小城市のカフェ「BASE ogi」限定で販売されていて、オギキューブは長崎道の金立サービスエリアの上下線や道の駅などで限定販売されている。

小城市の人たちの地元愛がたっぷり詰まった小城市の新スイーツ。
土産品やおやつなどにいかが?

(サガテレビ)