アメリカ大統領選の情勢を専門家同士がガチで語り合うトークイベント「ガチトーク」!

イベント名:
アメリカ大統領選2020 ガチトーク US election 25ミニッツ

日時(第3回)
10/16(金)19:00-19:25 @ オンライン

出演:
中山俊宏 慶応義塾大学 総合政策学部 教授
風間晋 フジテレビ 解説委員

Special Guest:
秋田浩之 日本経済新聞社コメンテーター

参加方法:
1)zoom(Q&Aに参加可能)
2)YouTube(視聴のみ)
2種類の参加方法があります。

zoom参加の際は下記の外部サイトより無料チケットをご登録ください。(無料、人数限定、先着順)
Peatix イベント申込みページ : https://uselectiontalk03.peatix.com

11/3の選挙当日に向け6週連続で開催中! 第3回となる今回はトランプ氏VSバイデン氏による第2回討論会の直後に開催。スペシャルゲストに日本経済新聞社の秋田浩之氏を迎え、3人でのガチトークを展開します。

この記事の画像(4枚)

<秋田浩之・プロフィール>
日本経済新聞社コメンテーター。1987年(昭和62年)入社。流通経済部、政治部、北京支局、ワシントン支局などを経て、2009年9月から、外交・安全保障担当の編集委員兼論説委員。2016年10~12月、英フィナンシャル・タイムズに出向し、「Leader Writing Team」で社説を担当した。2017年2月より現職。外交・安保分野を中心に、定期コメンタリーを執筆する。

<中山俊宏・プロフィール>

慶應義塾大学総合政策学部教授、日本国際問題研究所上席客員研究員。専門はアメリカ政治・外交、国際政治、日米関係。1967年東京生まれ。青山学院大学大学大学院国際政治経済学研究科博士課程修了。博士(国際政治学)。2014年4月より現職。ブルッキングス研究所客員研究員(2015-16年)、ウィルソンセンター・ジャパン・スカラー(2018-19年)などを歴任。著書に『介入するアメリカ』(勁草書房、2013年)、『アメリカン・イデオロギー』(勁草書房、2013年)など。

<開催にあたって一言>
2020大統領選挙は例年になく重要な選挙となる。前回はどちらが勝ってもおかしくないなかトランプ氏が勝利。今回、トランプ大統領を4年近く体験したアメリカが再度トランプを選ぶとすると、それはアメリカ自身の自画像、外からアメリカを見る視点が決定的に変化する。勝ち負け以上に、その底流で起きていることを見ていくことが重要だ。

<風間晋・プロフィール>

フジテレビ報道局解説委員。元外務官僚。FNNニュースJAPAN編集長、ワシントン支局長、ニューヨーク支局記者など歴任。1992年の『パパ・ブッシュ、ビル・クリントンに惨敗』以降、全ての大統領選挙報道に携わってきた『米大統領選マニア』

<開催にあたって一言>
4年前、アメリカ政治の専門家はこう口をそろえていた。「アメリカの政治制度ではチェック&バランスが働く。 大統領トランプだってそうは勝手なまねはできない」と。 だが、その後の4年間は反証と思い違いに満ちている。 そして今、根幹の制度である大統領選挙が大揺れだ。 いったい何が起こるのか?決して目を逸らしてはならない。

<今後の予定>
第1回(終了):9/30(水)19:00-19:25 (第1回トランプ氏vsバイデン氏討論会の翌日)
第2回(終了):10/7(水)19:00-19:25
第3回:10/16(金) 19:00-19:25 (第2回トランプ氏vsバイデン氏討論会の翌日)
第4回:10/23(金) 19:00-19:25 (第3回トランプ氏vsバイデン氏討論会の翌日)
第5回:10/28(水) 19:00-19:25
第6回:11/4 (水) 19:00-19:25

<参加方法>※オンライン会議ツール「zoom」を利用
Peatixで無料チケットを申し込み https://uselectiontalk03.peatix.com

当日Peatixのチケットページからzoomへアクセス
(zoomのURLはメールでもお送りします)

<当日の流れ>
19:00-19:15 トーク
19:15-19:25 Q&A (zoomのチャット機能でコメント・質問を受付)

<ライブ配信(どなたでもご視聴可能)>
本トークイベントはFNNプライムオンラインとYouTubeチャンネルでも同時配信予定となります。
LIVE配信ページ https://www.fnn.jp/live
YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/watch?v=rIoH2lY5eqo