先月29日、東京・八王子市の都立大学・南大沢キャンパスで、男に刃物で切られ重傷を負った、社会学者で教授の宮台真司さんが、きょう午前、都内の病院から退院したことが分かった。

宮台真司さんは、先月29日午後、キャンパス内で、男に刃物のようなもので、首などを切りつけられ、全治およそ1カ月の重傷を負った。

関係者によると、宮台さんは、元気で体調に問題はなく、今週から言論活動を再開する意向だという。

宮台さんを襲った男は、徒歩で逃走。20代~30代、身長180センチメートルぐらいで、黒っぽいジャンパー・黒っぽいズボン姿だったという。警視庁が、男の行方を追っている。

事件が起きた都立大南大沢キャンパス(先月29日 東京・八王子市)
事件が起きた都立大南大沢キャンパス(先月29日 東京・八王子市)
この記事の画像(5枚)
記事 1237 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。