掃除や洗濯、炊事などいろいろあるが、あなたには「死ぬほど嫌いな家事」があるだろうか?

こんな何気ない問いかけを、シャープ株式会社の公式Twitterアカウント(@SHARP_JP)が投稿。するとたちまちアンケート調査さながらの様々な意見が寄せられ、8万5000以上のいいねが付けられるほどの話題となっている(10月27日時点)。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)
この記事の画像(4枚)

発端となったツイートが投稿されたのは10月18日。シャープ公式の中の人が、今後の参考にするとして「死ぬほど嫌いな家事」を教えてほしいと約83万人のフォロワーに呼びかけたのだ。

ちなみに中の人自身はアイロンがけが死ぬほど嫌いで、洗濯物をたたむのも相当嫌いなのだそう。

なんとなく今後の参考にするので、死ぬほど嫌いな家事をおしえてください。私はアイロンです。

すると…風呂の掃除、排水口の掃除、掛け布団のカバー掛け、グラタンを食べたあとの皿洗い、整理整頓、片付け、黒光りする虫退治、献立を考える、弁当箱を洗う、洗濯物の取り込み、洗濯物の収納、草取り、庭木の剪定、食器洗い、床拭き、トイレ掃除、水筒洗い、ごみをまとめること、鏡の水垢掃除、食洗機で洗った食器に残る水をとる作業…などなど具体的な家事が数多くの意見が集まった。

さらに、上手に排水口を掃除する方法や、布団カバーのかけ方、鏡についた水垢の落とし方など、様々なコツを教える人も登場。悩みがある人と悩みに応える人が一堂に会する、相談イベントのような盛り上がりとなる展開に。

そして、シャープの中の人も改めてTwitterで「1万以上の死ぬほど嫌いが集まった」と反響を受け止め、これらの「嫌い」を減らしていこうと、ライバル企業や他社にも呼びかけたのだった。

今回寄せられた意見は、メーカーや調査会社が行う「ヒアリング」より本音に近いと推測し、「積極的に企画書および会議にお使いください。ほかの会社の方もよかったらどうぞ」とも投稿した。

掃除と洗濯に関するものがツートップ

1万以上も集まったという「死ぬほど嫌いな家事」の数々。その中でも最も多かった家事は何だったのか?  シャープ公式Twitterアカウントの中の人に聞いてみた。


――今回話題になった「死ぬほど嫌いな家事」を募集した狙いや意図は?

意図は特にありません。いつも「みんなに聞いてみたいな」ということはいくつか頭にあるので、なんとなくそのうちのひとつを聞いてみただけです。 


――「一番嫌い」​などではなく、「死ぬほど嫌い」という言葉を選んだ理由は?

私の口癖です。


――最も多かったのは何だったの?

掃除と洗濯に関するものがツートップだったと思います。 

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

――共感したり、意外だと思った「嫌いな家事」はあった?

「死ぬほど嫌でもやらねばならぬ」という声なき声に共感しました。意外だったのは、サッシの桟の掃除とか洗剤の詰め替え補充とか、いわゆる名もなき家事の存在が、嫌いな家事としてあらためて浮かび上がったことです。


――多くの反響が寄せられたことについての感想は? 

「みんな日ごろから家事を嫌々がんばっているんだな」と妙に安心しました。 


――集まった意見は今後どう活かす?

私は商品開発に直接関わる仕事ではないのでわかりません。ただ期待はしています。 

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

近頃はロボット掃除機や便利な家電も増えてきたが、まだまだ人間にしかできない家事はたくさんある。いつか今回の意見が反映された製品が登場し、家事の労力が少しでも減ってほしい。

記事 4705 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。