「出社」するのと「在宅勤務」では、どちらが昼休みにリラックスできるだろうか?

自由度が高い在宅勤務(テレワーク)の方がリラックスできそうに思えるが、実は在宅ワーカーの約半数が「出社時のお昼休みより疲れる」と感じていることが明らかになった。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)
この記事の画像(7枚)

生活のお悩み解決メディア「となりのいろは」が、週2回以上の在宅勤務をしている20~40代の男女を対象に「在宅勤務時のお昼休みの過ごし方」をインターネットで調査。

在宅の昼休みにすることの3位が“掃除”“仕事”

その中で「在宅勤務中のお昼休み中にすること」を複数回答で聞くと、1位は「お昼ごはんを食べる」(74.4%)で2位が「テレビやスマホを見る」(54.2%)だったが、続く3位には「掃除をする」と「仕事をする」が同率(33.5%)でランクインしたのだ。

さらに「洗濯をする」(33.1%)が6位に入っており、せっかくの昼休みでも仕事や家事をする人が一定数いることが判明した。

(出典:トレンダーズ株式会社)
(出典:トレンダーズ株式会社)

続けて、この昼休みの時間を60分と仮定して、何に時間を使っているかを調査。

回答の平均値をもとに「在宅ワーカーの“平均的お昼休み”」を算出すると、「食事の準備」(11.2分)と「食事」(14.6分)、「食事の片付け」(4.9分)を合わせた、昼食のための時間は30.7分。

これに、休息とはいえない「洗濯・洗濯物干し」(3.4分)、「掃除」(2.7分)、「仕事」(3.3分)の時間を加えると40.1分となる。この結果に「“自由だからこそ忙しい”在宅ワーカーのお昼休みの実態が明らかとなりました」と分析していた。

(出典:トレンダーズ株式会社)
(出典:トレンダーズ株式会社)

さらに、出社時の昼休みに比べて「やることが多い」と感じている人は68.0%おり、約半数の49.4%が「出社時のお昼休みに比べて疲れる」と思っていることもわかった。

(出典:トレンダーズ株式会社)
(出典:トレンダーズ株式会社)

この結果がメディアで紹介されると、Twitterでは様々な意見が飛び交うことに。

・これめっちゃわかるわw 在宅勤務時間になってからまともに休めてない
・この結果はよくわかんないな。昼休みにやる家事は、出社時はやらないわけでしょ?じゃあなんで疲れるくらいにやっちゃうの?
・じゃ昼休みに休めばいいやん…
・疲れるって回答した人は自己管理できてないだけだよねこれ…在宅が原因ではなく。
・在宅でもお弁当作るようにするとお昼休み時間に余裕ができるよ

「お昼休みの過ごし方」の雑談が調査のきっかけ

出社して働くと様々なストレスがあるが、在宅勤務でもまた別のストレスがあるようだ。では、在宅ワーカーが昼休みにしっかり休むためにはどうしたらいいのか? そもそもなぜ在宅ワーカーの昼休みを調べようと思ったのか?

「となりのいろは」を運営するトレンダーズ株式会社の担当者に聞いてみた。


――なぜ「在宅勤務時のお昼休みの過ごし方」を調べた?

編集部内で「お昼休みの過ごし方」について雑談していたことがきっかけです。弊社でもリモートワークを積極的に取り入れているのですが、その中で「洗濯はお昼休みに済ます」「毎回自炊をしている」といった声が多く、出社が基本だったコロナ禍前とは全く違うお昼休みを過ごしているメンバーが多いことが分かりました。「在宅勤務」については様々な企業が調査を行っていますが「在宅勤務中のお昼休み」についての調査がまだ世の中に見当たらなかったため、調査の実施を決めました。


――男女の回答に違いはあった?

1.男性の方が「出社時より在宅勤務のお昼休みの方が疲れる」「出社時より在宅勤務のお昼休みの方がやることが多い」と回答した割合が高い。
2.女性の方が、お昼休みの過ごし方のうち「テレビやスマホ」にかける時間が多い。

この2点で差が見られましたが、基本的に男女間で大きな差はありませんでした。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

――SNSでは一部で否定的な声もあったが?

頂いているご意見については、その通りだと思っております。ただ、本調査のテーマは「在宅勤務への不満」ではありません。すなわち、アンケート回答者が「不満」を言っているわけではないということです。

今回の調査リリースに記載していることの論旨は「在宅勤務中のお昼休みは、疲れるほど家事や仕事をしてしまう人もいる」という一点の事実で、そのことの善悪を問うつもりはありません。無意識のうちに「忙しいお昼休み」を過ごしていた人が、これをきっかけに「意識的に多く休憩を取る」という選択肢を持てるようになれば、この調査を実施した意味があると思っています。

必要に応じて「意識的に休むこと」が大切

――昼休みに体を休めるためにおすすめの過ごし方は?

無意識に「忙しいお昼休み」を過ごしている可能性があると自覚し、必要に応じて「意識的に休むこと」を取り入れることが大切だと感じます。また「お昼ご飯は始業前に作る」「家事は退勤後にする」など仕事前後の時間とも相談しながら、自分にとって最も良い一日の生活リズムを見つけていくことが重要だと思います。

(画像はイメージ)
(画像はイメージ)

ちなみに、在宅勤務中の昼ご飯はどのように準備しているのかも複数回答で聞いており、自炊が73.6%で圧倒的に多かった。この自炊にかかる時間は平均で18.45分、中央値で10分だという。慣れていれば早く済ませられるが、時間のかかる人もいるようだ。

在宅勤務は仕事と休みの境目が曖昧な面もあるので、担当者が紹介するように「昼は休む時間」だと決め、「お昼ご飯は始業前に作る」などを取り入れても良さそうだ。