安倍元首相の国葬を一週間後に控え、東京駅では警視庁と駅職員によるが行われました。

東京駅では警視庁の機動隊と警備犬2頭が新幹線ホームや駅のコインロッカーに不審物がないかを確認したほか、JR東日本の職員も警戒に当たりました。

警視庁は来週予定されている安倍元総理大臣の国葬に向け要人が利用する空港や多くの人が訪れる駅などを中心に警備を強化しています。

コインロッカーに不審物がないか確認する警視庁の警備犬(午前10時半ごろ JR東日本)
コインロッカーに不審物がないか確認する警視庁の警備犬(午前10時半ごろ JR東日本)
この記事の画像(3枚)