中国軍が発射した弾道ミサイルのうち5発が日本のEEZ=排他的経済水域の内側に落下したことについて、岸田首相は5日「国民の安全に関わる重大な問題で、中国を強く非難する」と述べた。

アメリカのペロシ下院議長の台湾訪問への対抗措置として、中国軍が大規模な軍事演習を行い、4日に発射された弾道ミサイルのうち5発が日本のEEZ=排他的経済水域の内側に落下した。

これについて、岸田首相は5日、ペロシ議長との面会後、首相官邸で記者団に対し「国民の安全に関わる重大な問題であり、中国に対して強く非難し抗議した。中国側の行動は地域及び国際社会の平和と安定に深刻な影響を与えるものだ」とした上で、中国の軍事訓練の即刻中止を求めたことをペロシ氏に伝えたことを明らかにした。(画像は、朝食会後、取材に応じる、岸田首相)

記事 1152 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。