ニューヨーク市で、全身に発疹ができるサル痘の感染が拡大している。これまでに141人の感染者が確認された。

この記事の画像(3枚)

マンハッタンでの感染が75% ワクチン供給追いつかず

ニューヨーク市でのサル痘の感染は、7月7日(木)までに141人確認され、2週間で370%増加した。感染者の75%がマンハッタン市内で確認されており、その3分の1はLGBTQの人が多い地域だという。ニューヨーク市保健当局は「接触のあった人に感染が広がっており、無症状の人からの感染も考えられます」と語った。

感染者の多くが、男性の同性愛者やバイセクシュアルの人という。市では、14日以内に男性同士の性交渉があった人などを対象にサル痘のワクチン接種を行っているが、需要に供給が追いつかず、予約が取りづらい状況となっている。ワクチン接種に訪れた人は「友人と連絡を取り合っています。コロナの次に新たな感染症が出てきてトラウマになっています。特に同性愛者などの男性に広がっていますから」と話した。

【動画はこちらから】

(FCIニューヨーク「FCI News Catch!」)  

記事 31 FCI News Catch!

日本からのニュースもアメリカの情報も丸わかり!ニュース情報番組
Fujisankei Communications Int'l., Inc.(FCI) では、毎週 月~金曜日、アメリカ在住の皆さまにフジテレビの最新ニュースとアメリカで役立つ情報満載のテレビ番組「FCI News Catch! 」を全米に向け放送しています! 番組は、無料で地上デジタルやケーブルサービス等でご覧いただけます。