岡山県で7月1日から始まる大型観光キャンペーンに合わせて、JR津山線に新たな観光列車がデビューする。
運行開始を前に、6月22日に試乗会が開かれた。

この記事の画像(7枚)

優しい色合いの車内…特製弁当は地元食材ふんだんに

岡山デスティネーションキャンペーンに合わせて、JR岡山駅と津山駅の間で運行される新たな観光列車「SAKU美SAKU楽」。
車体は、サクラをイメージした淡いピンクを基調とし、四季折々の花びらがデザインされた華やかな外装となっている。

車内の様子は…?

中塚美緒アナウンサー:
イスが深い緑色だったり、床が木でできていたりと、優しい色合いとなっています。窓から眺める景色とも調和していて、心落ち着く空間です

車内では、地元の食材が楽しめる岡山ばら寿司などが入った特製弁当のほか、蒜山のジャージー牛乳で作られたクリームや、季節のフルーツをふんだんに使ったスイーツなどが味わえる。

また、車内アテンダントによる風景の案内など、岡山の魅力が感じられる、さまざまなおもてなしが用意されている。

車内アテンダント:
大きな川は旭川といい、その昔、高瀬舟が行き交いました。山の幸、海の幸を運んだそうです

アテンダント・小嶋笑美子さん:
ぜひ乗車して、車窓や沿線の魅力あるものを楽しんでほしい

JR西日本岡山支社ふるさとおこし本部・原拓也さん:
岡山県北エリアにある美作三湯、湯原温泉・奥津温泉・湯郷温泉。こちらに来てもらって、この観光列車のコンセプト、「美しきをつくる旅」を楽しんでほしい

岡山の魅力を五感で楽しむ、片道約1時間半の旅。
この観光列車は、7月1日にデビューする予定。

(岡山放送)

記事 1206 岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。