「天然痘」と症状が似ている「サル痘」の感染例が欧米で相次いで確認されています。

「サル痘」はもともと中央・西アフリカの熱帯雨林で散発的に感染例がみられる感染症で、重症化すると「天然痘」のような発疹が全身に広がります。

今月はじめにイギリスで感染例が確認されて以降、ポルトガルなどにも拡大しています。

アメリカ・マサチューセッツ州の保健当局も18日、カナダ帰りの男性1人の感染が確認されたと発表し、「男性同士の性交渉による感染リスクがあった」と指摘しています。

また、カナダのメディアはモントリオールで少なくとも13件の疑い例があると報じていて、WHO=世界保健機関も感染拡大の状況について注視しています。

国際取材部
国際取材部

世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。

記事 451