私がお伝えしたいのは「沖縄の本土復帰50年と皇室」です。

天皇皇后両陛下は15日に沖縄と東京で同時開催される記念式典に、お住まいの御所からオンラインで出席されます。両陛下は苦難の道を歩んできた沖縄に心を寄せてこられました。

ポイントはこちら。「昭和、平成、令和皇室に受け継がれる沖縄への思い」注目です。

【注目ポイント・記者解説】

今から50年前の5月15日。政府が東京で開催した復帰記念式典には、昭和天皇と香淳皇后が出席しました。

太平洋戦争で壮絶な地上戦が行われ、多くの人が犠牲になった沖縄には皇室への複雑な感情もあり、本土復帰の3年後の1975年、戦後の皇族として初めて沖縄を訪れた上皇ご夫妻(当時の皇太子ご夫妻)がひめゆりの塔を慰霊された際に、過激派から火炎瓶を投げつけられる事件も起きました。

昭和天皇は沖縄訪問を希望していたものの体調を崩し、実現には至りませんでした。上皇ご夫妻は11回訪問を重ね、遺族と向き合い、歴史や文化への理解を深めていかれました。

復帰前から始められた沖縄の子ども達との交流は、平成になると今の両陛下に、お代替わり後は秋篠宮ご夫妻へと受け継がれ、愛子さまや悠仁さまも同席されています。

2022年2月の記者会見で陛下は「今まで沖縄がたどってきた道のりを今一度見つめ直し、沖縄の地と沖縄の皆さんに心を寄せていきたいと思います」と述べられました。

本土復帰から半世紀。沖縄に心を寄せ、平和を祈る思いは、昭和、平成、令和の皇室に受け継がれています。

(フジテレビ社会部 宮崎千歳)

宮﨑千歳
宮﨑千歳
皇室
記事 8