日韓関係が改善する?ウソだろ

韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領が派遣した「政策協議代表団」に、日本の政府もメディアも大きな期待を抱いているらしいのが僕には不思議だ。左派の文在寅政権が終わり、保守政権になったので日韓関係が改善すると思っているのか。君らみんな大丈夫かい?

日本に到着した韓国代表団(24日)
この記事の画像(5枚)

日韓両政府は2015年に慰安婦問題の「最終的な解決」を確認したが、その後、韓国側が実質的にこれを破棄、さらにいわゆる徴用工問題でのトンデモ判決で、人のいい日本もさすがに韓国を相手にすることをやめた。日韓首脳会談などほとんどやらなくなってしまった。まあそれで困る事もない。

だから今回来日した韓国代表団の団長が林外相と会談した後に「片手では音を出すことはできない。懸案解決は一方の努力だけでは難しい」と言ったのを聞いて僕は腰が抜けるかと思いました。

そうじゃないでしょう。我々は2015年にお互いが努力して、と言うか日本側がずいぶん譲歩して慰安婦合意に達した。当時の安倍政権の幹部が「あれは外務省がやったことだ」と冷ややかに言っていたのをよく覚えている。そして韓国はその約束を破った。だから日韓関係を改善するなら韓国側は2015年の約束をやっぱり守ります、と言えばいいだけだ。

韓国が約束を守れない理由

しかし韓国代表団は日本の外相、防衛相、経産相、そして首相と会談したが、「未来志向で関係を発展させよう」などとつまらないことを言うだけだ。岸田首相も「日韓関係の改善は待ったなしだ」などととても紳士的な対応だ。

韓国側がなぜ具体的なことを言わないのか、答えは簡単だ。尹政権は「少数政権」である。大統領は保守派が取ったが、議会は野党が多数を取ったまま。だから政権は野党の言う事を聞かないと何もできない。

韓国・尹錫悦次期大統領

韓国研究で僕が最も信用している慶応大の西野純也教授は日本記者クラブでの会見で、韓国の保守政権の誕生に期待はしたが、日韓関係の早期の改善には懐疑的だった。

「釜山港へ帰れ」を歌うな

韓国の次期外相に内定している朴仁という人が「韓日間には不協和音が多い。林外相とデュエットするなら、釜山港へ帰れ、はどうか」と言ったという。林氏がG7外相会合で「イマジン」をピアノで弾いてウケたので、学生時代にバンド活動をしていた朴仁もあやかろうということらしい。いいかげんにしてくれ!

林芳正外相

林さん、朴仁と「釜山港へ帰れ」を歌っちゃダメだよ。日本は韓国に完全にナメられてますから。岸田さん、そして官邸、自民党、外務省の皆さん、今こそ日韓関係改善のチャンスだ、などとナイーブな事は言わないでください。

こうした中、日韓関係を悪化させた「張本人」である文在寅大統領が韓国テレビ局のインタビューで「韓国が変わったことはなく、日本が右傾化した」と述べ自らの責任を否定した。この人の発言に腹を立てても無駄である。たぶん本気で日本が悪いと思っているからだ。これは我々がいくら話し合っても永遠に歩み寄れない一線だと思う。

現職の韓国・文在寅大統領

もちろん日韓関係が改善すれば経済、安保上の利益はある。だから岸田さんや林さんは会いたくもない韓国人達に会ったのだろうが、これは韓国に対して「日本は妥協します」という間違ったメッセージを送ることになる。

経済や安保より大事なものがある。それは国としての名誉だ。我々の名誉を踏みにじる人達と握手をしてはいけない。

【執筆:フジテレビ 上席解説委員 平井文夫】

平井文夫
平井文夫


フジテレビ報道局上席解説委員。2020年4月から立命館大学客員教授。1959年長崎市生まれ。82年フジテレビ入社。ワシントン特派員、編集長、政治部長、専任局長、「新報道2001」キャスター等を経て現職。

政策・政治
記事 292