緊張が高まっているウクライナ情勢を巡り、岸田首相が15日、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談する予定であることがわかった。

岸田首相とウクライナのゼレンスキー大統領との会談は初めてで、警戒が強まるロシアの軍事侵攻を巡って、意見交換するものとみられる。

日本政府によるとウクライナには14日時点で約130人の日本人が残っていて、電話会談では、邦人保護の取り組みや緊張緩和に向けた協力などについて意見が交わされるとみられる。

岸田首相は14日、「邦人保護や外交上の取り組みなど遺漏なく対応するよう」関係閣僚に指示しているほか、自民党の役員会で「仮にロシア制裁となった場合の具体的内容についても、アメリカやヨーロッパの主要国と調整している」などと話している。