東京都医師会は、新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養する患者について、医療機関が健康観察を行う取り組みを あすから始めると発表した。

東京都医師会によると、感染者が自宅療養をする際に受診した医療機関が、そのまま健康観察を行うとともに、入院するかどうかの判断も行うという。

新型コロナウイルスの感染が拡大した「第5波」の際に、保健所の業務が逼迫した教訓などから、
この取り組みを始めるもので、自宅療養者への往診体制を強化するため、往診拠点医療機関を設置し、24時間で往診ができるよう、体制を強化していく方針。

会見で、自宅療養者を担当する平川博之副会長は「自宅療養がこれからの主戦場になる」などと話していた。

東京都医師会の記者会見(午後4時)
この記事の画像(2枚)