元日のきょう、皇居では、天皇皇后両陛下が新年の挨拶を受けられる「新年祝賀の儀」が行われ、長女の愛子さまが初めての公務に臨まれた。

午前11時 皇居・松の間
午前11時 皇居・松の間
この記事の画像(20枚)

「新年祝賀の儀」は、規模を縮小して、宮殿・松の間などで行われた。両陛下は、皇族方とともに、午前11時から、三権の長などから、新年の挨拶を受けられた。

愛子さまは背筋を伸ばし、引き締まった表情だった
愛子さまは背筋を伸ばし、引き締まった表情だった

先月20歳を迎え、成年皇族になったばかりの両陛下の長女・愛子さまは、ローブデコルテに勲章を着用し、初めての公務として出席された。”公務デビュー”となる愛子さまは、背筋を伸ばし引き締まった表情で、衆議院議長らの挨拶を受けられていた。

きょうの儀式では、多くの国民がコロナ禍で厳しい状況にあることを踏まえ、両陛下のお気持ちから、女性皇族方は、ティアラの着用を控えられた。午後には、各国の駐日大使などから、新年の挨拶を受けられる。