自慢のカレーで母国に学校を! ネパール人店主奮闘 内戦に大地震…困っている子どもたちのために【長野発】
ニッポン全国 注目スポット

自慢のカレーで母国に学校を! ネパール人店主奮闘 内戦に大地震…困っている子どもたちのために【長野発】

長野県松本市でカレー店を営むネパール人男性がいる。男性の夢は、子どもたちが待つ故郷に学校を建設すること。自慢のカレーを多くの人に味わってもらい、夢を実現させようとしている。

インドで腕を磨いたカレーは深みのある味

スパイシーな香りが漂う厨房。

アラジン・カンデルさん:
お待たせいたしました。チーズナンランチのマトンカレーです

チーズナンランチのマトンカレー
この記事の画像(12枚)

松本市内から来た客:
めちゃくちゃうまいです。マトンカレーは肉々しさが爆発してる感じでおいしい

「アジアンカリーハウス」(長野県松本市)

こちらは2020年12月にオープンした、松本市県の「アジアンカリーハウス」。来日7年目、ネパール出身のオーナー、アラジン・カンデルさん(38)が腕を振るう。

「アジアンカリーハウス」のオーナー、アラジン・カンデルさん

アラジン・カンデルさん:
だいたい普通に40~50人、ランチとディナーでやってたけど、いまコロナの関係で半分になってる

コロナの影響を受けているものの、味には自信があるアラジンさん。それは料理人としての経験に裏打ちされている。

日本から5000キロ以上離れたネパール。アラジンさんはヒマラヤ山脈の名峰の一つ、ダウラギリの麓の出身だ。

高校卒業後、国を出てインドのホテルに就職。家庭を築きながら13年間、カレーの本場で腕を磨いた。その後、日本にいた友人の誘いで2015年に来日し、熊本の店で働いた。

2018年には松本市へ。市内の店で働き貯めた資金で、2020年12月に自分の店をオープンさせた。日本には以前から良い印象があり、働きたいと考えていたそうだ。

アラジン・カンデルさん:
私、日本好きで、前からインドやネパールにいた時も日本人の仕事のやり方とか、もし誰か困ってる時、日本人はちゃんとヘルプするから。(松本の雰囲気は)ネパールみたい、寒かったり、あったかかったり、体に合う

アラジンさんのカレーはタマネギ、ホウレンソウ、トマトの3つの味をベースに、16種類ものスパイスを駆使して作られる「本場の味」だ。

アラジン・カンデルさん:
16種類の(スパイスが)全部入ってます。すごい疲れたね、みたいな時も辛いカレー食べたら体、強くなる

店では38種類のカレーを提供している。

池田町から来た客:
すごく辛いけど、深みがある味でとてもおいしい

松本市内から来た客:
コクがあるというか、うまいよね。ナンによく合ってる

少しずつ貯めた資金で土地購入 3階建て校舎建設へ

アラジンさんにとって18歳で国を出て料理人になったのも、遠く離れた日本で店を持ったのも、実は「夢」を実現させるプロセスの一つだった。

アラジン・カンデルさん:
学校あったらみんな楽しい。そこの困っている子ども、お金、学校、服、食べ物ない弱い人が多い、ネパール人は

故郷に学校を…。それがアラジンさんの夢だ。現地で教師をしている親戚のスレさんと、定期的にテレビ電話で学校建設の打ち合わせをしている。

長く苦境が続いたネパール。1996年から10年に渡って続いた内戦と、2015年の大地震で多くの国民が亡くなり、学校や寺院は荒れ果てた。

学校を建設したいと思うようになったのは、18歳で国を出たころから。内戦のしわ寄せが多くの子どもたちに及んでいたからだ。

アラジン・カンデルさん:
一番困っているのは子どもたち、普通のことや食べ物で。パパもいない、一人だけで歩いてる、10歳、12歳から働いてる子どものために

少しずつ貯めた資金と現地の人の協力で2021年7月、ついに1500平方メートルの土地を購入。ここに3階建ての校舎を建設する計画だ。

校舎の建設予定地

スレさんからは、アメリカやメキシコにいる仲間が支援してくれることが報告された。

打ち合わせのあと、うれしいサプライズが…。

アラジンさんの子どもたち:
ナマステ

スマホの画面に現れたのは、ネパールにいる息子のアヌプ君(8)と娘のアペチャちゃん(4)。

アラジンさんと妻のアニタさんは、2人の子どもを祖父母に預けて松本で働いている。

アラジンさんの息子・アヌプ君:
早く会いたいから帰ってきて

アラジン・カンデルさん:
コロナ終わったら帰るね

新型コロナの影響もあって、もう4年近く子どもたちとは会えていない。電話は毎日しているが電波の状況が悪く、画面を通して2人と話せたのは2週間ぶりだ。

アラジン・カンデルさん:
長い間、会ってなかったから心配。でも電話で会えてうれしかった

校舎を建設するには、まだまだ資金が足りない。故郷の子どもたちを笑顔にするためにもアラジンさんは、自慢のカレーをもっと多くの人に味わってもらいたいと考えている。

アラジン・カンデルさん:
同じ場所で子どもが(学校で)食べて、勉強して、体、悪かったら相談してホステルみたいな学校をつくりたい。お客さまに喜んでもらえるカレーを作る。いろいろな場所、人気なお店、本当にインドカレーをやるお店をつくりたい

(長野放送)

長野放送
長野放送
記事 649
長野県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
×