女優の有村架純(28)さんがイメージキャラクターを務める電機メーカーの新CMが届いた。

上品なノースリーブの白いワンピースを着た、凜とした表情の有村さんは必見。

東芝 新TV-CM「未来への航海エネルギー」編
この記事の画像(7枚)

表情と動きだけでメッセージを表現

11月27日から全国で放映される東芝の新TV-CM「未来への航海 エネルギー」編。

風を受けて大海原を力強く前進する帆船上で、美しい朝焼けを見つめ、凜とした表情を見せる有村さん。

帆船上で凜々しい立ち姿

太陽の光を浴びながら、「この星と未来のために、今できることって何だろう」という有村さんの心の声が語りかける。

有村架純さん 語りかけるような表情で

撮影は9月下旬、スタジオ敷地内の屋外に組んだセットで行われた。帆船や大海原といった風景は、CG編集によるもの。

有村さんのセリフは一切なく、表情と動きだけでメッセージを表現する難しいお芝居ながら、アクションはバッチリ。

「意志のある表情で」「微笑みをやや強めに」という監督の細かいリクエストにも的確に応じて、現場を大いに盛り上げていた。

(インタビューへ続く)

原動力は「巡り会い」新しい作品にワクワク

撮影を終えた有村さんへ、インタビューが行われた。

――最近、勇気を与えられたことや、人に対して勇気を与えた出来事は?

有村架純:
「あの時もらったものって、今すごく自分の支えになっているな」って、後から気づくことがけっこうありますね。たとえば本を読んでいる時に出会った言葉とか、人と他愛のない話をしている中でもらった一言とか、そういうささいなことが自分の背中を押してくれることは、多々あるなと思いますね

――有村さんが未来の自分のために実行していることはありますか?

有村架純:
未来の自分のために実行していることは、たぶん今現在していることなので、今を大事にしていますね。「幸せになるための今」という考えを持っているので。目の前にあることに着実に、誠実に向き合っていく。人でも、お仕事でも、いろんな物事に対しても。それが未来の自分に貢献できることかなと思います

――CMのモチーフとなっている「帆船」の原動力は風ですが、有村さんの原動力は?

有村架純:
いつもワクワクするんですよね、新しい作品に出会う時って。どういう人たちがいて、この役でどういう気持ちになるんだろうとか、この作品が終わったあと、どういう自分に出会えるんだろうとか。私自身、常に出会いというものにときめいているような気がします。だから、「次の出会いはなんだろう、次の出会いはなんだろう」って、巡っていくことが原動力かなと思いますね。本でも漫画でも音楽でも、なんでもいいんですけど、巡り合わせにときめいています

(めざましテレビ 11月26日放送分より)