ロッテは最終戦に敗れ、67勝57敗19引き分けで全日程を終了。試合後の終了セレモニーで井口資仁監督(46)が日本一奪還へのスピーチを行った。

グラウンドに整列し、指揮官は「我々のスローガンのもと『この1点をつかみとる。』と開幕からチーム一丸となり、束となり、戦ってきました。残念ながら、優勝は逃しましたが、この経験、悔しさ、必ず、来年の肥やしになると思います」と振り返った。

そして「この悔しさを6日から始まるクライマックスシリーズ、ファーストステージ、そしてファイナル、日本シリーズともう一度、チーム一丸となって戦って参りますので、熱い声援よろしくお願いします」と、16年ぶりのリーグ制覇こそ逃したが、プレーオフで勝ち抜く誓いを新たにした。

ロッテ3-5日本ハム
(30日、ZOZOマリンスタジアム)

加藤忍
加藤忍

早稲田大学卒業。フジテレビ入社。スポーツ局すぽると!ロッテ担当、ヤクルト野球中継などを経て現在は報道局兼スポーツ局。

文化・スポーツ
記事 330