北海道旭川市の駅前が大きく変わる。5年前に撤退した西武旭川店の跡地に、新たな商業施設がオープンした。その向かいには旭川市内初となるタワーマンションも建設予定。
にぎわいは戻るのだろうか。

旭川駅前「再開発」で変わるマチ

9月23日にオープンした「ツルハ旭川中央ビル」。

この記事の画像(18枚)

地上17階建てで、1階から2階にはテナントが入り、3階より上はホテルとなる。

そのうち1階部分の「ツルハドラッグ」と、創業93年の老舗菓子店「壺屋」が営業を開始した。

場所はJR旭川駅の目の前。1kmにわたる歩行者専用道路「買物公園」の一角を占める。

スイーツ×お茶…新感覚ドリンクも

今回オープンした「壺屋」には、他の店舗では取り扱わないここだけのオリジナルメニューがあある。スイーツとお茶が融合した新感覚のドリンク「ポティー」だ。

「ポット」と「ティー」をかけたネーミング。ウーロン茶ベースのドリンクの上に、ショートケーキに見立てたイチゴ、ホイップクリーム、スポンジがトッピングされている。ケーキとお茶を一緒に味わう不思議な感覚だ。

店内にはイートインスペースはないが、こんな仕掛けも…

壺屋総本店・越智ひなのさん:
こちらはSNS映えのスポット。映えるようドリンクと一緒に写真を撮ってもらえれば

かつて「壺屋」は買物公園に店舗を構えていた。
しかし中心部のにぎわいが薄れていく中、撤退。今回25年ぶりに出店した。

壺屋総本店・村本暁宣社長:
創業の地である旭川の中心地に戻ってこられたことがうれしい

新しい商業施設の誕生に旭川市民は…

旭川市民:
旭川の人が集まる新しい場所になってくるのではと思う

旭川市民:
いいですね。最近は街中の店が少なく寂しかった

5年越しの再開発…高まる期待

旭川市中心部の活性化は長年の課題だった。新たな商業施設が建設されたのは、「西武旭川店」の跡地だ。

2016年9月に撤退してから、5年越しの再開発となる。今後、中心部のにぎわい創出に期待が高まる。

ツルハ・八幡政浩社長:
旭川の中心市街にこのような建物を建てることによって、買物公園がさらに明るく活性化されればと思っている

旭川市地域振興部・八木治樹次長:
再開発は街中の活性化につながる。今後のさらなる商業施設などの整備につながると考えている

約90mの「タワーマンション」建設の計画も

再開発の動きはこれだけにとどまらない。

「ツルハ旭川中央ビル」の買物公園を挟んだ真向かい。かつて商業施設「エクス」があった場所に、大和ハウス工業が地上25階建て、約90mのタワーマンションの建設を計画している。

2023年末に完成予定で、旭川市内で一番高い建物になる予定だ。

旭川市地域振興部・八木治樹次長:
マンションに人が住むということは、街中で生活圏として暮らす人が増える。人の往来が増えて街のにぎわいにつながっていく

再開発によって変わるJR旭川駅前。北海道第二の都市に、にぎわいを取り戻す起爆剤となるののだろうか。

(北海道文化放送)