レスリング界に現れた新星…“完全優勝”でパリ五輪代表候補に名乗り

三重県の高校3年生の藤波朱理さん。
小さな頃から父と共にレスリングで世界最強を目指してきた朱理さんは、初出場した2020年の全日本選手権で優勝。一躍2024年のパリオリンピックの代表候補に名乗りを上げた。

朱理さんは、オリンピックを3連覇した憧れの吉田沙保里さんを目標に、2024年に向け練習に励んでいる。

この記事の画像(14枚)

三重県のいなべ総合学園レスリング部3年の藤波朱理さんは、2020年の「天皇杯 全日本選手権」の準々決勝で、世界選手権2連覇の至学館大・奥野春菜選手を圧倒。

決勝では、2019年世界選手権銀メダリストの入江ななみ選手を破り、格上相手に1ポイントも奪われることなく完全優勝。一躍2024年のパリオリンピックの代表候補に名乗りを上げた。

「技も力も優れた男子相手で強くなれると思った」…男子と一緒にトレーニング

朱理さんが所属する、いなべ総合学園のレスリング部。11年連続でインターハイに出場するレスリングの名門だ。部員は男子12人、女子4人。
藤波選手は、男子と一緒に筋力トレーニングをこなしている。

マット上でも、相手にするのは自分よりパワーのある男子部員。男子とレスリングできる環境はすごく魅了的と話す朱理さん。

朱理さん:
技も力も優れた男子と練習を続けていけば、強くなれると思った

一瞬にして相手に入り込む「片足タックル」…理想形はロンドン五輪の吉田沙保里さん

朱理さんの武器は、一瞬にして相手の足に入り込む「片足タックル」。右足を踏み込んで相手の片足を掴むまでの時間は「0.36秒」。

「速さ」以外にも、タックルを仕掛ける「タイミング」も大きな武器。いなべ総合学園レスリング部の監督で、朱理さんの父・俊一さんは、「タックルのタイミングは練習で身につけるのは難しく、生まれ持った才能」と話す。

相手選手との駆け引きの中で、最も大切なタックルの「速さ」と「タイミング」を兼ね備えた朱理さん。そんな彼女が、理想のタックルと話すのが、2012年のロンドンオリンピックの決勝で、両者0ポイントと均衡した場面で、吉田沙保里さんが見せたタックルだ。

朱理さん:
緊迫した状況で、踏み込んだタックルは、リスクもあるし簡単にはいかない。勇気をもって入り込む姿が印象に残っています

その吉田さんの姿を見てから朱理さんが意識しているのは、「攻めは最大の防御」。

「守りに入らず最後まで攻め続けるのを意識している」と話す。

父の影響で4歳から始めたレスリング…「沙保里さんがしていた父親の肩車をパリ五輪で」

朱理さんと世界最強への道を共に歩んできたのが、レスリング部の監督であり、父である藤波俊一さんだ。
朱理さんは、レスリングの指導者だった父の影響で、4歳からレスリングを始めた。

レスリングを始めた頃は試合に出ても勝てず、涙することも多かった朱理さん。それでも俊一さんは怒らず、いつもやりたい道を選ばせてくれた。

朱理さん:
「やりたかったらやれ、やらないと負けるぞ」と、のびのびとさせてくれている感じです

遊び半分で始めたレスリングも、負けず嫌いの性格から、次第に自ら父に教えを乞うようになっていた。朱理さんは、「父がいなければ今どうしているのか…。父は心強い存在」と話す。

父・俊一さん:
トップを目指してほしいですし、他の選手から尊敬される、憧れられる選手になってほしい

固く強く結ばれた師弟の、親子の絆。

朱理さんの部屋には、小学生の頃に書いたドリームマップが掲げられている。そこに書かれているのは「レスリングでオリンピックに出場し優勝する。そして歴史に名を残す」。

朱理さんは「2024年のパリ五輪で優勝し、吉田沙保里さんが父親としていた肩車を、自分も是非やりたい」と夢を語る。

(東海テレビ)