北海道や青森で記録的大雪

北海道で記録的な大雪となっています。

この記事の画像(13枚)

これは、2月25日の北海道岩見沢市の映像です。雪が降り続け、9年ぶりに積雪が2mを超えました。

本来は2車線の駅前の車道は、積雪により1車線に。

さらに交差点も周囲に雪の壁ができてしまい、見通しが悪くなっています。

歩道は除雪が間に合わず獣道のような状態に。岩見沢市内では、この大雪によりストーブ給排気筒の埋没などの危険事案が発生する可能性があることから、「豪雪パトロール」が行われています。

大雪になったのは、青森県の酸ヶ湯でも。

豪雪地帯で有名な場所ですが、25日、2年ぶりに4mを超える積雪となりました。そしてこの寒波がこの先、関東辺りまで南下してくる恐れが出てきました。

真冬の寒さに…強烈な寒気は関東まで

寒気レーダーを見てみましょう。

26日時点で、すでに東北の南部辺りまで寒気が入ってきています。

そして、27日にかけて寒気はより南下。関東の平野部は雪の心配はありませんが、真冬の寒さとなりそうです。

この先の関東は、寒暖差が激しく「気温ウェーブ」のような状態になりそうです。

まず、27日は最低気温が10℃を下回るような真冬並みの寒さになります。

その先、3月1日にかけて気温が上昇。15℃超の気温になりそうですが、気を付けたいのが強風です。“春三番”ともいえる強い風が吹きそうです。

そして、乾燥した日々が続いていますが、次に雨が降りそうなのは3月2日ごろ。ようやくまとまった雨になりそうです。

その先、再び“ひなまつり寒波”になりそうですが、この寒波は長くは続かない見込みです。寒さと暖かさを繰り返しますので、体調の管理にお気をつけください。

あまダネ!では、みなさんから『季節の絶景動画や写真』のほか『不思議な現象を捉えた写真』『お天気のギモン』などを募集しています!公式ツイッターで「#あまダネ」をつけて投稿頂くか、公式HPまでお寄せください。

(とくダネ!『あまダネ!』2月26日放送)