利益度外視の大盤振る舞いに息子「こんなに安くていいのか」…分厚い具が鮮やかに盛られた人気の海鮮丼

名古屋市緑区有松にある「味福」の看板メニューは、こぼれんばかりのネタが盛られた海鮮丼。コロナの影響で客足が遠のいた春先に、集客の目玉として考案した。

他にも、インパクト大のかつ丼やスイーツに破格の食べ放題サービスなど、コロナ禍でも次々に目を引くアイデアで集客を狙う和食店だ。

この記事の画像(24枚)

名古屋市緑区有松の「味福」。店主の高橋俊武さんが、家族3人で切り盛りする、40年以上続く和食の店だ。

午前11時、開店と同時に客が入ってきた。ほとんどの客が注文するのが、多い日には100食出るという「上海鮮丼ランチ」。

海鮮がこぼれんばかりに盛られたそのインパクトに、多くの人が食べる前にスマホで写真撮影。

女性客:
厚みがあっておいしい

男性客:
期待を全然裏切ってない。来た甲斐がありますし、相当リーズナブル

ランチの客の約8割が注文する海鮮丼。その魅力は、圧倒的な見た目と、分厚く切られた種類豊富な新鮮な魚介類だ。

海鮮は日替りで、この日のおすすめは本マグロ。さらにカンパチ、ヒラメ,サーモン、タイ、甘エビ、カニみそ、ウニやイクラも盛られている。その数12種類。

それにサラダと、味噌汁、選べるうどんかそばが付いて1540円。ちなみにボリュームで負けていない「並海鮮丼ランチ」でも990円。

店のインスタグラムをフォローすると、無期限で5パーセント引きに。サービス満点だ。

俊武さん:
利益はあまり出ません。お客さんが来てくれればいいです

利益度外視、大盤振る舞いの俊武さんだが、一緒に働く息子は…。

俊武さんの息子:
自分も作りながら、こんな安くていいのかって。もう少し高くてもいいんじゃないって

俊武さんは、「海鮮丼は最初“入れ過ぎ”と家族から反対されたけど、新しいメニューは思いついたらすぐやっちゃう」と話す。

「見た目華やかで、どこにもないものを」…コロナ禍で生まれた様々なメニュー

この入れ過ぎの海鮮丼、春先から提供を始めた。

新型コロナの影響で客が減ってしまったため、店のインスタグラムを担当していた知人に相談。「刺身は抜群に美味しいから、それを使って見た目で引く海鮮丼を作ってみたら」とアドバイスをもらった。

“見た目華やかで、どこにもないものを”、と試行錯誤を繰り返し、この海鮮丼を生み出した。

始めると狙い通り見た目のインパクトから、瞬く間にSNSで話題に。海鮮丼を目当てに店に客が戻ってきた。

見た目で引き付ける手法から、他にも考案したものが、白と黒のコントラストが斬新なソフトクリーム「ありまつソフト」(450円)。

そして、カラリと揚げた巨大なとんかつを3枚使った「トリプルかつ丼」(1870円)だ。どちらも注目を集めた。

俊武さん:
常に何か発信していかないとだめだなと。ずっと一緒じゃお客さんも飽きますからね

俊武さんの母親:
お客が喜んでいるんだから、いいんじゃない。困難を乗り越えたから十分ですよ、今のところは

創業当時から店に立つ俊武さんの母親も、厳しい中、こうして手を打つしかないと感じていた。

突然の大人数キャンセルにも店主「気持ちだけはめげずに」…次は手羽先食べ放題

午後5時。夜の営業が始まった。夜にも新しく始めたサービスがある。店の全メニューの「食べ放題飲み放題」(120分)だ。

枝豆や手羽先などのつまみはもちろん、あの海鮮丼も食べ放題だ。

しかも値段は破格の大人3850円。小学生は1925円だが、小学生未満は無料。これも新型コロナの影響で減った客を、取り戻すために始めた。

俊武さん:
前までは2~3000円とかのコースをやっていたんですよ。こっちが出したもの、全員同じものを食べますよね。(客が)かわいそうで

その様な思いもあり、客には「好きなものを好きなだけ食べてほしい」と、全メニューの食べ放題に踏み切った。

様々な発想でコロナを乗り切る。店に客が戻ってきたところだったが、この日に思わぬ事態が…。

俊武さん:
十何人キャンセルになっちゃった。5人・5人・7人かな。仕方ないですね…

ここ最近の新型コロナ感染者の急増により、この日、夜の予約のキャンセルが相次いだ。再び厳しい状況に陥った。それでも…。

俊武さん:
考えているのが手羽先食べ放題ですね。1000円くらいでやろうかなと。気持ちだけはめげずに、信じてやるだけですね

コロナ禍で予断が許されない中だが、これからも独自のアイデアで集客を目指す。

(東海テレビ)