これで冬を乗り切ろう! ポカポカ「防寒グッズ」Amazonランキング

カテゴリ:国内

  • 冷えに打ち勝つ「足温器」部門の上位3つは“ヒーター”
  • “使い捨て”はもう古い?「あんか・カイロ」部門
  • デスクワークが捗る!編集部おすすめ3点も

本格的な寒さが到来し、手足の冷えに悩まされる季節となった。
朝晩は特に気温が下がるため、なかなか布団から出られないという人も多いはず。

「冷えは万病のもと」とも言うが、みなさんはどのような寒さ対策をしているだろうか?
温かい食事をとったり、入浴で血行を促進したり、外出時には重ね着をしたり…身体を内と外から温める工夫をしていると思うが、体温を高めるのに最も効果的なのは、やはり暖房器具を活用することだろう。

そこで今回は、身体をポカポカにする防寒グッズの人気ランキングとおすすめセレクトをネット通販大手・Amazonからご紹介したい。(12月27日現在のランキング)

足を熱で包み込む「足温器」部門

まずは、「保温素材の靴下を履いても冷たい」と冷え性の人を困らせる足に注目。
足を温める「足温器(そくおんき)」部門の1位は「SUNART 多目的&保温ヒーター 沸かし太郎 SCH-901」(税込24,000円)。

設置工事をせずとも浴槽に入れるだけでお湯を沸かすことができるヒーター。
IC温度コントロールによって、湯水を30℃~45℃の好みの温度に設定できる。(温度上昇の目安:10リットルの水が10分間で約10℃上昇)
お風呂に入れて半身浴や追い炊きに活用できる他、洗車やガーデニング、アウトドアでも役立つ。
レビューには、「電気代の節約にもなる」という声があった。

2位は「METRO 木枠フットヒーター 手元電子コントローラー式」(税込7,124円)。

手ごろなサイズで(幅49cm×奥行21.8cm×高さ10.7cm)職場のデスクや勉強机の下にも置くことができる足元暖房。
本体には温度ヒューズとサーモスタット、電源コードには電流ヒューズを内蔵した三重の安心設計となっている。
消し忘れ防止として5時間で切れるタイマーや脱臭機能、さらに、ホコリを引き出して簡単に捨てられるクリーンポケットが付いている。
「木枠に直接足を置けるのでとても暖かい」「強さを7段階で調節できるのも便利」というレビューも。


3位は「ホットマルチヒーター NA-23MH(Y)」(税込4,280円)。

正方形のクッション(約38cm×38cm)に作られた2つの穴に両足を入れるとじんわり温まるマルチホットヒーターで、お尻に敷いたり腰やお腹にあてても使用できる。
7色展開のカバーとコントローラーを取り外せば、丸洗いも可能。
表面温度は、強(約45℃)、中(約35℃)、弱(約25℃)の3段階だ。「クッションも柔らかくて、ちょうどいい暖かさ」とのレビューも。

“使い捨て”はもう古い?「あんか・カイロ」部門

続いては、毛布や服のポケットの中などに入れて、身体に直接あてて暖をとる「あんか・カイロ」部門。
1位は「Toyuugo 充電式エコ湯たんぽ」(税込2,700円)。

本体に水が入っているためお湯の入れ替えが不要で、15~20分の充電で布団の中なら約8時間使用できるエコな湯たんぽ。
使用時には充電プラグを外してコードレスになり、持ち運びにも便利だ。
カバーはフェイクラビットファー素材で柔らかく、指先、腰、お腹、足首の保温にも効果的だという。
「カバーの厚みも十分で、手を入れられるポケット口もあって機能性バツグン」との声が。

2位は「OCOOPA 充電式カイロ」(税込 2,799円)。

両面から発熱する充電式カイロで、温度設定は3段階(低温:35℃~42℃、中温:40℃~48℃、高温:48℃~55℃)あり、真冬でもしっかり暖かい。
電源を入れて2分程で温まり、5分程度で最大温度に達する。(高温モードは収納袋に入れての使用を推奨している)
135gの軽さと持ち運びやすい手のひらサイズの充電式カイロでありながら、付属の変換アダプタを繋ぐと、スマホ充電器に変身する。
「使い捨てカイロのようにゴミがでないのが良い」「ピンク、ブラック、ブルーの3色があるので、プレゼントにもいいかも」と評価された。

3位は「コイズミ ソフト電気あんか KSA-0378」(税込2,630円)。

座布団のようなサイズ(高さ3cm×幅33cm×奥行37cm)の電気あんか。
本体が柔らかいので足元が痛くなりにくく、ブランケットや布団と合わせると温かさが倍増するという。
温度調整は、弱・中・強の3段階で、オシャレなチェック柄もポイントだ。
「薄型で使いやすい」「肌触りもよく、手ごろな値段が嬉しい」というレビューがあった。

デスクワークが捗る! おすすめ3点

日本の“冬の相棒”こたつからは、「タンスのゲン パーソナルこたつ 3点セット (本体、椅子、掛布団)」(税込14,800円)が登場。

椅子タイプのこたつで、一人暮らしにもぴったりな幅60cm×奥行50cmのコンパクトサイズ。
こたつヒーターで国内1位のシェアを誇るメトロ電気興業のヒーターを採用し、こたつ布団にはリモコンや新聞などを収納できるポケット付き。
春になっても、掛布団を取り外してデスクとして使用できる。
「パソコンとキーボード、マウスを並べて作業できるちょうどいい大きさ」との声が多数聞かれた。

こたつよりも幅を取らずにスタイリッシュに暖をとりたいという人には、「アイリスオーヤマ  デスクパネルヒーター PH-TSA」(税込6,401円)がおすすめ。

広いヒーター面(使用時:幅約45cm×奥行約30cm×高さ約48cm )が、膝下全体をしっかり暖めるパネルヒーター。
温度は約40℃~約55℃まで調節可能で、上がりすぎた際には電源が切れる機能付き。
3つに折りたためるので、家具の隙間など収納も省スペースだ。
デスクワーク時に使用している人からは、「今までブランケットを使っていたけれど、これは掛けたり外したりの手間がないし、毛糸が付いたりすることもない」というレビューも。

最後は、作業中にほっと一息つきたい時に活躍する「Yosoo USB保温コースター 」(税込1,199円)。

USBコードを繋いで電源スイッチを入れ、飲み物をコースターに載せるだけで、50℃~70℃に保温できる。
いつでも出来立ての温かいお茶やコーヒーが楽しめるので、自宅やオフィスにあると便利だ。
ステンレススチールカップ、哺乳瓶、セラミックカップ、ガラスカップに対応。
「コースターは高温なので火傷に注意が必要だが、飲み物はちょうどいい温度を保ってくれるので冬には重宝する」というレビューがあった。

ランキングとセレクションにはヒーターが多く並んだが、USB式充電のアイテムも見られた防寒グッズ。気になる商品はあっただろうか?
気象庁が12月25日に発表した予報では「3月まで暖冬傾向が続く」ということだが、1月と2月は1年で最も寒い時期だと言われる。
防寒グッズで身体をしっかり温めて、冷え知らずの冬を過ごしてほしい。