橋下徹さん!あんた間違ってるよ! 改憲勢力2/3に4議席足りないことの本当の意味

カテゴリ:国内

  • FNN議席予測では、改憲発議に4議席足りなかったが…
  • 安倍さんは他の野党も巻き込みたい。ターゲットは国民民主!?
  • 改憲は以前より現実的になったということなのだ

改憲ラインに足りなくても「残念」ではない

フジテレビの選挙特番「Live選挙サンデー令和の大問題追跡SP」を観ている。選挙特番を家で観るのは実は初めてだ。20年位前は議席予測の責任者だったので、スタジオで胃をキリキリさせながら「よし!自民は50割れで行こう!」とかやっていたのでフシギな気分だ。

フジの議席予測は自民57、公明13、立憲20、共産8、維新9、国民5、れいわ2。事前予測より少し減ったが、まあ自民の勝ちと言っていいだろう。

注目の改憲勢力による2/3だが、自民、公明、維新を足すと81議席。非改選が79議席あるので足して160議席。2/3の164議席には4議席足りなかった。

これについて特番で橋下徹さんが「残念」と言っていたが、あれは間違っている。残念ではないのだ。


分裂危機の国民民主がターゲットに?

というのは「4議席だけ足りない」というこの数字は安倍首相が改憲するにあたって悪い数字ではないのだ。前回2016年の参院選以来3年間、改憲勢力で2/3持っていたにもかかわらず安倍政権は改憲で無理をしなかった。というか無理できなかった。つまり与党と維新だけで無理に発議しても国民の反発を買い、国民投票で否決されるのが怖かったからだ。なので安倍さんとしては別の野党も巻き込みたい。

そしてそのターゲットは改憲に決して慎重ではない国民民主だと言われている。

実は今回、自民が国民民主に票を回したと言われている選挙区がある。そこは自民の当選は確実。国民民主は激しい2位争いをしている。これで恩を売って改憲では賛成に回ってもらう。もちろん国民民主側は否定しているが、あり得る話だ。

国民民主は議席が伸びず、分裂の危機と言われている。これを機に離党者が出る可能性もある。

自民党としては国民民主に丸ごと改憲に賛成してもらうのは無理でも、4人だけ賛成に回らせる、というのは決して荒唐無稽な話ではない。

つまり改憲勢力が2/3に4議席だけ足りない今、改憲は以前より現実的になったということなのだ。

【執筆:フジテレビ 解説委員 平井文夫】

「参院選2019」特集をすべて見る!

【Live選挙サンデー 令和の大問題追跡SP(よる7時56分~)】
MCの宮根誠司・加藤綾子が、古市憲寿・石原良純ら手加減なしの痛快ゲスト陣と共に令和の主役たちの素顔や、私たちに身近な新時代の大問題を徹底取材。怒濤の開票速報を展開しながら、各党首や候補者に「今聞きたいこと」を本音生直撃する。プライムオンラインでも、開票や全国の候補の当落の最新情報をリアルタイムでお伝えする。

参院選 2019の他の記事