新型コロナウイルスの感染予防として、長時間マスクを着用する機会が増えた。これに伴い、肌荒れに悩む人も多いようだ。

特にメイクをする女性にとっては、マスクによる肌荒れは大きな悩みとなることだろう。

そのような中で、株式会社ポーラが「新しい生活様式における長期間のマスク着用により、肌にどのような変化が生じたか」について調査。この結果と合わせて「長時間のマスク着用により、ニキビなどの肌トラブルが増加する夏マスク対策のアドバイス」を発表した。

この記事の画像(9枚)

約8割がマスクによる肌荒れを実感

調査は6月2日~6月5日に、ポーラ公式Instagramのストーリーズ(1538人)とアペックス公式Twitter(508人)を用いて実施。

その結果、多くの人が肌荒れなどの不調やトラブルを感じていることがわかった。「マスク着用時間が長くなったことにより、肌の不調やトラブルを感じたか」を質問すると、79%が“はい”と答えたのだ。

提供:株式会社ポーラ

具体的な不調やトラブルを聞くと、「ニキビ・吹き出物」(59%)の割合が1番高く、続いて「肌の痒み」(12%)、「肌の赤み」(10%)、「その他」(19%)という結果だった。

いつもと違う今年の夏は、多くの人がニキビや吹き出物など、何かしらの肌のトラブルで悩んでいることが分かった。

提供:株式会社ポーラ

マスクの摩擦がシミの原因に

なお、新型コロナウイルスの感染予防として、専門家会議が実践例として挙げる新しい生活様式では「家に帰ったら、まず手を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーをあびる」ことが推奨されている。

このような中でポーラは、夏のマスク対策のポイントを「スキンケア」と「メイク」に分けて紹介。

スキンケアでは、「まずはしっかりと手を洗い、手の水分を拭きとった後、クレンジング、その後、洗顔をする」から始まり、「洗顔後のスキンケア」「入浴あるいはシャワー時」「夜のスキンケア」などと場面ごとの注意点を説明している。

さらには、「マスクの摩擦によるシミの予防には美白ケア」「マスクの摩擦により、肌荒れが起きてしまったら」と、今年の夏特有の問題にも言及。

“美白ケア”については「マスク着用を継続する場合は美白ケアもとりいれましょう。刺激に負けない健康なお肌を育てるためにも、十分睡眠をとり、ストレスをためないよう規則正しい生活を」と呼びかけ、“肌荒れ”への対応は「角層をしっかり保護する保湿効果の高い乳液やクリームがおすすめ。敏感用、として発売されているものはバリア機能サポート効果が高い」としている。

マスクをしていても日焼け止めは必須

続いては「メイク」のポイント。

まず、「夏は皮脂量が増え、気温が上がるため汗もかき、気温差があるとカサつきを感じます。そのためマスクで覆われている部分は水分と皮脂のバランスが崩れやすくなるかもしれない」とのこと。

日中ずっとマスクを着用している場合は、「朝のスキンケアにおいて、特にマスクの中に覆われる鼻や小鼻の横は、ミルクや日中用クリーム、アンダーメイクの使用量を少なめに調整」するとよいという。

その他のポイントは、「マスクをしていても日焼け止めは必須」「ファンデーションは崩れにくく、持ちの良いものを」「マスクに合わせた印象メイク」を心掛けてほしい。

ポーラ公式Instagramでも「マスクでも美人顔!好印象メーク」などを紹介しているので、こちらを参考にしても良いだろう。

このように今年はマスクの着用期間が長引いていることから、ポーラは肌をやさしくいたわるケアを優先的に行うことを推奨している。

しかし、肌荒れしないためには、マスク着用時にどのような具体的な対策をすれば良いのだろうか? 気になる疑問をポーラの担当者に聞いた。

原因は擦れによるバリア機能の低下

ーー調査を実施したきっかけは?

お客さまの最近のお肌悩みやご要望に、マスクによる肌の不調が気になるというお声や、マスク生活が長引きそうな中、マスクメークのポイントを教えてほしいなどのお声が多くなってきたためです。


ーーマスクによる肌の不調を具体的に教えて

かぶれ・マスクで蒸れて毛穴が気になる、毛穴が開く・乾燥・敏感になっている・唇の乾燥・皮むけ・摩擦によるシミ・蕁麻疹・鼻の角栓びっしり・くすみ・ヒリヒリなどです。

乾燥、カサカサするという回答も非常に多かったです。


ーーなぜマスクで肌が不調になる?

マスクを長時間着用していると、肌がマスクで擦れる機会が増え、その刺激によって肌が炎症を起こしてしまうと考えられます。

肌が炎症状態になると、肌の最も外側にある「角層」のバリア機能が低下し、普段は何とも思わないようなほんの少しの刺激でも痛く感じたり、肌荒れが起こったり、様々な肌トラブルが生じると考えられます。

対策は「肌表面をサラサラな状態に」

ーー肌の不調を感じた人は何か対策をした?

「ちゃんと丁寧にスキンケアしたら少し良くなった」「リップケアをこまめにした」というコメントはありました。


ーー肌荒れ対策で是非行ってほしい対策を教えて

マスク着用時は、摩擦を小さくするために、肌表面をサラサラな状態にすることと、マスクをしててもUVケアを行うこと。マスクの素材選びをすること(摩擦や違和感を感じたものは継続使用しない)。こまめに皮脂をティッシュでオフすることも大切です。

皆がマスク着用をして外出するという今年の夏。特に化粧をしている女性は肌荒れなどに悩むことが多そうだ。

まずは今回の基本的なUVケアとスキンケアを参考に、夏のマスク対策を実践してほしい。
 

【関連記事】
コロナ対策で「手荒れ」に配慮した消毒液発売へ…なぜ荒れないのか?資生堂に聞いた
「オンライン会議でメイクしなくちゃダメ?」 “テレワーク”のビジネスマナーにもやもやする!
「ハッカ油を1滴」夏のマスク問題をスーッと解決!? 担当者に注意点も聞いた