日本高等学校野球連盟は20日、今夏に開催予定だった第102回 全国高等学校野球選手権大会の中止を決断。一報を受けて、ロッテ井口資仁監督(45)と藤原恭大外野手(20)ら選手が自身の思いを寄せた。

国学院久我山高校出身で、昨年の夏は28年ぶりの母校の甲子園出場を喜んでいた井口監督は、
「高校野球最大の目標であり夢としていた大会ですから、高校球児の皆様の気持ちを思うと胸が痛くなります。どんな言葉も今は無力かもしれませんが、ただ一つ言えることは、人生はチャレンジの連続で、その中で様々な目標設定をしていくということです。高校3年生の皆様はぜひ次のステージでも新たな目標に挑んで欲しいと思っています。この3年間、みんなで一つの目標に向かって頑張った日々は消えません。これからも同じように目標に向かい進み続けてください」と球団を通じてコメントした。

大阪桐蔭で中日・根尾昂内野手らと2018年の甲子園で春夏連覇を飾った藤原恭大外野手は
「驚いて言葉が見つかりません。切り替えて次のステージの目標を見つけるしかないとは思いますけど簡単には切り替えられないと思います。一つだけ言えるのは3年間、共に汗を流したメンバーは一生の友達で一生の思い出なので、この3年間の日々はこれからも変わらず、素晴らしい日々として残ると思います。甲子園という目標としていた大会は中止になってしまっても、ここまでこの大会を目標にして頑張ってきた日々を誇りにして、これからも自信をもって野球を続けて欲しいと思っています。ぜひこれからも野球を続けてください。お願いします」とした。

2年生の夏に大阪・履正社の主砲として甲子園に出場した安田尚憲内野手(21)は「3年生にとっては高校3年間でやってきた集大成といえる大会なので、後輩たちの事を想うと自分も辛いです。自分も1月の自主練習を母校の履正社のグラウンドを使わせてもらって、後輩たちが甲子園目指して頑張っている姿を見ていましたし、その想いを強く感じていました。本当に強く完成されたチームだと思って見守っていたので春に続いて夏までなくなってしまうのは本当に辛いし言葉に出来ないほど悲しいです。ただ、ここで人生は終わりではありません。むしろ、まだ始まったばかり。この悔しい経験が長い人生で生きることもあると思います。言葉が非常に難しいのですが、みんなで悔しい想いをして大変な時期を乗り越えていく事をプラスのエネルギーに変えて欲しいと思います」と後輩を思いやった。

青森・八戸学院光星で3季連続準優勝の田村龍弘捕手(26)は、「甲子園中止の報道を聞いて本当にショックです。僕のように甲子園出場を目指して親元を離れた選手の気持ちを考えると言葉が見つかりません。すぐには気持ちを切り替えることは出来ないと思いますが、何とか次の夢や目標を作って頑張って欲しいと思います」とエールを送った。

(フジテレビ・加藤忍)