イランがロシアに軍事用ドローンを渡したと認めたことについて、ウクライナのゼレンスキー大統領は「まだ嘘をついている」とイランを非難した。

イランが5日、ロシアに対しウクライナ侵攻が始まる前に限られた数のドローンを提供したと認めたことについて、ゼレンスキー大統領は「毎日10機以上のイラン製ドローンを撃墜している」として、いまもイランがロシアにドローンを提供している疑いを念頭に「イランはまだ嘘をついている」と非難した。

ウクライナでは、イラン製のドローンによる発電所やダムなどインフラ施設への攻撃が相次いでいて、ゼレンスキー大統領は「イランがロシアのテロリストにドローンの使い方も教えている」としてイランを「テロリストの共犯者」と批判している。

【関連記事】
ロシアの「弱さ」の表れか…イラン製ドローンのウクライナ戦投入を読み解く

記事 911 国際取材部



世界では今何が起きているのか――ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、モスクワ、イスタンブール、北京、上海、ソウル、バンコクのFNN11支局を拠点に、国際情勢や各国の事件・事故、政治、経済、社会問題から文化・エンタメまで海外の最新ニュースをお届けします。