飼い主さん家族が大好きな柴犬の動画がインスタグラムに投稿され、話題となっている。

「甘えん坊いっちゃん。別名『金魚のフン蔵』ワハハハ‼︎」とのコメントと共にインスタグラムに投稿されたのは、約5秒の動画。映っているのは、柴犬の「伊佐蔵」(オス・17歳)くんと、飼い主のお母さんだ。

お母さんがトイレに行こうと廊下を急ぎ足で歩いていると、後ろから伊佐蔵くんがぴったりと追いかけている。17歳とは思えないほど、軽やかな足取りで元気そうだ。

この記事の画像(24枚)

そして伊佐蔵くんは扉の前で待ち、お母さんがトイレから出てくると、一緒に戻っていったのだそう。

伊佐蔵くんの飼い主で、動画を投稿した「三角 香龍」(@aromaticdragon)さんによると、柴犬の17歳は人間の年齢でいうと、90歳近くになるという。

この微笑ましく可愛い動画にインスタグラムでは、「可愛い 17歳とは思えないです」「元気ハツラツおじいちゃん?」などの声があり、約1万7000件のいいねがつくなど話題となっている。(10月4日時点)

耳や目が悪くなって家族を頼るように

17歳とは思えないほど元気にお母さんを追いかけている伊佐蔵くんだが、なぜこのような行動をするのだろうか?また、普段もこんなに元気なのだろうか。娘さんで飼い主の「三角 香龍」さんにお話を伺った。


ーー動画の続きを教えて

動画の後は、適当にオヤツを欲しがったり、昼寝をして普段通り、過ごしています。


ーーなぜついてくると思う?

目や耳が悪くなってきた13歳頃から周囲の状況判断が難しくなり、それに合わせて徐々に誰かを頼るようになり、追いかけるようになりました。

だいたいどの犬も年齢を重ねると若干、情緒不安定な様子になります。それも半年から1年ほどで「人を頼ること」を学習して落ち着きます。伊佐蔵も今はすっかり家族を頼ることで穏やかに過ごしています。

お母さんが食べているお菓子に興味津々
お母さんが食べているお菓子に興味津々

ーーどんなどきについてくる?

たまたま誰かが部屋を出ていくのに気づいたときが多いです。ただ、出かける用があるときは早くから察知していることもあります。また、部屋に誰かひとりしか居ないと分かっているときもちょっと気をつけているみたいですね。頻度は1日に数回のときもあれば、何週間もないときもあります。


ーーこの状況をみてどう思った?

こういう行動を見て、すぐ情緒不安定と判断する人は少なくないですが、日々刻々と五感が閉ざされつつある老犬にはごく普通の行動と思います。素直に人を頼ることで感覚を補おうとする部分は、これまで培った人と犬の関係を表していると思います。

楽しそうに散歩する伊佐蔵くん
楽しそうに散歩する伊佐蔵くん

ちょっとした階段なら駆け上がり、散歩もよく歩く

ーーお母さんと伊佐蔵くんはどんな関係性?

家族の一員として大好きであり、尊重していると思います。


ーー普段の元気ぶりを教えて

ご飯を好き嫌いなくよく食べ、散歩もシニアなりに良く歩き、ちょっとした階段なら駆け上がります。屋上で捕まえっこ遊びをするのも好きです。オヤツもよく欲しがります。駆け寄ってきて甘噛みをしてくることもあります。

気持ちよさそうに寝ている
気持ちよさそうに寝ている

ーーどんな性格なの?

元々は家庭犬に向いてないほど野生の強い犬でしたが、すっかりシニアになってからは落ち着きました。甘えん坊ぶりも可愛いです。


ーー反響についてどう思う?

伊佐蔵を見て癒される人がいたら、素直に嬉しいです。

伊佐蔵くんはご飯を好き嫌いなく食べ、普段から散歩ではよく歩き、ちょっとした階段なら駆け上がるほど元気だという。これからも家族を頼りながら長生きしてほしい。