簡単な“侵入防止”の仕掛けに困惑する犬の様子がTwitterに投稿され、話題となっている。

この記事の画像(34枚)

「とうとう、お散歩以外、玄関に出ることを禁止された犬。上からも下からも余裕で出られることに気付いていない悲しそうな犬」とのコメントと共にTwitterに投稿されたのは、3枚の画像。

画像に映っているのは、バーニーズマウンテンドッグの「まさお」くん(オス・2歳)。目の前のドアには、高さ約30cmほどのところに突っ張り棒が1本だけ設置されている。

まさおくんの体格からすれば、突っ張り棒を飛び越えるか下をくぐれば、簡単に出られそうだ。しかし突っ張り棒に困惑しているのか、突破しようとする気がないようなのだ。3枚目の画像では、諦めたのかその場で伏せのような姿勢になっていた。

この突っ張り棒の前で立ち往生しているまさおくんをTwitterに投稿したのは、飼い主の「バーニーズのまさお」(@masachan_mama)さん。

簡単な足止めが効いているまさおくんの姿にTwitterでは、「可愛いwwwwwwすぐ出れるのにwww」「棒1本で飼い主の意図を察したのだと思いました 賢い犬ですね」などの声があり、約1万9000件のいいねがつくなど話題となっている。(8月25日時点)

飼い主「部屋を出てもずっと棒の前で立ち尽くしていました」

出ようと思えば出ることができそうなまさおくんだが、この後もこのままだったのだろうか? また、なぜ散歩以外で玄関に出ることを禁止されたのだろうか。飼い主にお話を伺った。


ーーなぜ玄関へ出ることを禁止したの?

理由は3つあります。玄関の靴をリビングに持ってくるから。

まさおが玄関にいると、リビングの扉を開けて様子を見ておかないといたずらをしてしまう状況です。扉を開けるとリビングの冷房効果が弱くなってしまうので、玄関に出ることを禁止しています。

今回投稿した部屋の扉を開けた先に洗面所があり、私がそちらに行くと必ずまさおがついてくるため、生活に色々支障が出てきたためです。


ーーこの後どうなった?

いつものように私より先に部屋から出ていこうとしましたが、目の前に突っ張り棒があることに気付き、固まっていました。私が部屋から出てもずっと突っ張り棒の前で立ち尽くしていました。飛び越えることはほとんどありませんが、音がして興奮すると、飛び越えることはあります。


ーーなぜ外に出ないと思う?

突っ張り棒にぶつかって落ちてくることが怖いのか、「またぐ」という発想がないのかと思います。もしくは突っ張り棒があることで出てはいけないと理解しているようにも思います。

ーーなぜ棒を選んだの?

前の家ではキッチンへ入れないように突っ張り棒とワイヤーネットの仕掛けをしていました。本当はものすごいジャンプ力があるまさおですが、臆病なせいなのか、越えられないがことありました。もしかしたら突っ張り棒1本で効果があるかなと思ってダメ元でやってみたところ、やっぱり越えることができませんでした。現在は他の仕掛けはしていません。


ーーこの状況を見たときどう思った?

本当はワイヤーネットもつけようと思っていましたが、面倒だからとりあえず突っ張り棒1本を付けてみたら、これだけで効果があるとは思わなかったです。さすがビビりのまさおだなと思いました。

こんなに高くジャンプすることもある
こんなに高くジャンプすることもある

臆病で優しい、食べるのが好き

ーー他にも可愛らしいエピソードはある?

本当にビビりなので、雨の日にカッパを着てお散歩に出て大きな雨粒が落ちてきただけで飛び跳ねて驚きます。散歩から帰りたくなくて、家の前にある雪山にダイブしていました。自分は雪に隠れているつもりなんですかね。


ーーどんな性格なの?

とにかく食べるのが好きです。みんなに優しくて、臆病です。お散歩が大好きで涼しければ何時間でも外で遊び続けます。全て可愛くて仕方ないです。1日に何度「可愛い」と言っているか分からないです。

雪山にダイブ
雪山にダイブ

ーー普段はどんな様子?

仕事をしているため、まさおは留守番が多いのですが、見守りカメラで見ているとヘソ天をして寝ています。

半年前まではワガママで自由にやりたい放題でした。しかし、家で吠えなくなる訓練などを始めてから本当にお利口さんになりました、


ーー反響についてどう思う?

何気ないツイートがまさかこんなにバズるとは思っていなかったので、驚いています。可愛いまさおをたくさんの方に見ていただけて嬉しいです。

まさおくんは突っ張り棒を突破する能力はありそうだが、臆病な性格かつ、外へ出てはいけないことを分かっているのか、自分から部屋の外に出ることはほとんどないとのことだった。

いたずら好きだが可愛いらしい一面もあったまさおくん。これからもいたずらはほどほどにして飼い主と仲良く過ごしてほしい。