対応間に合わず…フライト欠航、相次ぐトラブル

アメリカ独立記念日の3連休は、旅行者数がパンデミック前の2019年に近い規模となり、特に7月4日当日は2000年以降で2番目に多くなる見通し。空港などでは、混乱が予想されている。

この記事の画像(2枚)

全米の空港で旅行者数がパンデミック前の水準に戻る中、パイロット、客室乗務員、そして航空管制官の人手不足が重なり、遅延や欠航便が相次いでいる。6月25日(土)と26日(日)は合わせて1500便が欠航となり、27日(月)には800便が欠航となった。その影響は28日(火)も続き、ノースカロライナ州のシャーロット・ダグラス国際空港では、ウィスコンシン州の自宅に戻れず、足止めされている家族も出た。家族は「心配で搭乗2時間前に来たら、すでに欠航になっていた」と無念そうに語った。航空会社は代替便が提供できず、旅費を返金してきたという。 家族は「レンタカーも見つからない」と困惑していた。

この夏はこうした事態が多数発生している。旅行会社に勤めるヘルナンデス氏もフロリダの空港で足止めされた。「対応できないのならチケットを売るな」と怒りを隠せない。

しかし専門家は、責任を負うべきは航空会社だけではないと言う。旅行専門家のブライアン・サマーズ氏は「航空会社を責める気持ちは分かるが、かつてないほど需要が急増しました。準備万端だったとしても対応しきれなかったでしょう。悲惨な状況です」と説明した。専門家は、朝一番の直行便が比較的安全だとし、また旅行保険も検討の余地があるとしている。

【動画はこちら】

(FCIニューヨーク「FCI News Catch!」)

記事 7 FCI News Catch!

日本からのニュースもアメリカの情報も丸わかり!ニュース情報番組
Fujisankei Communications Int'l., Inc.(FCI) では、毎週 月~金曜日、アメリカ在住の皆さまにフジテレビの最新ニュースとアメリカで役立つ情報満載のテレビ番組「FCI News Catch! 」を全米に向け放送しています! 番組は、無料で地上デジタルやケーブルサービス等でご覧いただけます。