岡山・倉敷市真備町などで多くの被害を出した西日本豪雨から、7月6日で4年を迎える。被災地で今、伝えたいメッセージを聞いた。

廃業した新聞販売店をリフォーム 雑貨店オープン

ほほえみ雑貨店・坪井ひろみさん:
(作家は)全部で55人、岡山県内と広島の作家も

この記事の画像(8枚)

倉敷市真備町尾崎に、2022年2月にオープンしたほほえみ雑貨店。店主は総社市を拠点に布小物を手掛ける作家。この地で店を開いたきっかけは…

ほほえみ雑貨店・坪井ひろみさん:
ご縁があったとしか言いようがない。ここも1階がつかったと聞いている

知り合いが新聞販売店を経営していたが、被災後に廃業。建物をリフォームし、坪井さんは雑貨販売のイベントを開催した。

ほほえみ雑貨店・坪井ひろみさん:
2回、ここでほほえみ市(イベント)をして、そのころ真備にいろんなお店ができてきて、おしゃれな店が増えてきたなと肌で感じていて、ここで使える状況だったので、店始めようかなって

真備町の魅力を知ってもらうために

レジ横には、手作りの地図が飾ってある。

ほほえみ雑貨店・坪井ひろみさん:
遠方から来る客に、真備でランチできる所教えて、遊べる所ないかと聞かれることが多かったので、雑貨好きの人なら絶対好きだろうなという店だけ載せているので、偏っていると思うが、増やしていけたらと

今、ほほえみ雑貨店店主である坪井ひろみさんが伝えたいメッセージは、お客さんに向けて…

ほほえみ雑貨店・坪井ひろみさん:
ほほえみ雑貨店は、ハンドメイドの素敵な作品がたくさん並んでいます。当店と一緒に、素敵な真備の町も楽しんでいただけたらうれしいです

(岡山放送)

記事 1202 岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。