岡山・倉敷市真備町などで多くの被害を出した西日本豪雨から、まもなく4年を迎える。被災地で今、伝えたいメッセージを聞いた。

西日本豪雨で店は浸水…

倉敷市真備町川辺にある、2000年創業の 「ウォールウォーレン」。イチゴのパイなどが人気の洋菓子店だ。

この記事の画像(11枚)

2022年、イベントに合わせ、新商品を開発。

ウォールウォーレン 佐藤敦志さん:
真夏でもアイスのように溶けださないで、おいしく食べられる。真備げんきマルシェというイベントで、水害から4年たったので。そのために作りました

4年前、店は浸水。道具や機材も被害を受けた。

被災後、約5カ月で営業再開。

ウォールウォーレン 佐藤敦志さん:
ありがたいことに、前よりも (客は)増えている。地元の人はもちろん、水害をきっかけに店を知った人も多い

ウォールウォーレン 佐藤敦志さん:
4年たつので、日常の生活は戻っているかなと感じるが、自分の中では、う~ん…

水害から4年 日常生活は戻ってきているが…

佐藤さんの実家は神奈川・横浜市。豪雨の約1年前に父が他界。

ウォールウォーレン 佐藤敦志さん:
1人になった母親を気遣う余裕がなくなってしまって、逆に心配かける状況になってしまって

被災から1年後、母も亡くなった。

ウォールウォーレン 佐藤敦志さん:
親孝行、なかなかできなかったと強く思っている

【天国にいる両親へ】
ウォールウォーレン 佐藤敦志さん:

水害ですごい心配かけてしまったけど、家族みんなで頑張っているので、心配しないで見守ってください

(岡山放送)

記事 1202 岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。