保護した子猫が立派に成長…。その姿がTwitterに投稿され、話題となっている。

左:生後5カ月(2.3キロ) 右:5歳(7キロ) ※年齢は推定
この記事の画像(29枚)

「大きくなったね。(色んな意味で)」とのコメントともにTwitterに投稿されたのは2枚の画像。映っているのは子猫の時に飼い主の「yopich」(@yopich_)さんに保護された「ふうた」くん(5歳・オス)。

1枚は保護されてすぐの画像。年齢は推定5カ月で体重は2.3キロ。一般的な猫らしい体型のようだ。そしてもう1枚は、それから4年後の画像。保護された頃と比べると、背中の丸みなどかなり体が大きくなっているのがわかる。体重は7キロほどだという。

ふうたくんの成長ぶりにTwitterでは「凄い成長ですね。かわいい」「猫って細くても太っても可愛いからズルい」などの声があり、注目されている。

食に目覚めたきっかけがある

すっかりムチムチになったふうたくんだが、なぜこんなに大きくなったのだろう? 保護された経緯や変化とあわせて、飼い主のyopichさんにお話を伺った。


ーーなぜこんなに体重が増えた?

保護当時は体型も食欲も普通でした。ふうたが我が家に来て少しした頃、私が2週間入院することになりました。その間は夫が昼間、家に誰もいないことを不憫に思って、2週間いつもの食事に加えて猫缶を与えました。それがきっかけで食に目覚めたようで、そこから太り始めました。退院後は猫缶はやめて食事も普通の量にしましたが、なぜか太り始めました。


ーーーー迎え入れた経緯を教えて

我が家には既にエキゾチックショートヘアの「まめ」というメス猫がいるため、猫を飼うのにも慣れてきた頃にもう1匹、我が家に迎え入れたいと考えていました。そのときに保護猫の存在を知り、すぐに里親募集のサイトで探し始めました。

その中でふうたの写真が目に入り、「この子をうちの子にしなければ!」と思い、すぐに問い合わせをしました。夫はもう1匹の迎え入れに消極的でしたが、今では夫は我が家で一番、ふうたにメロメロです。


ーー当初はどんな状態だった?

子猫だったこともあり、体も小さく、か細い声で鳴いていました。人間にもまめにも遠慮がちでした。私たちに対してはとにかく離れて欲しくないようで掠れた声で鳴き、常に私たちの行動を見ていたように感じました。

ーー保護した頃と比べて変化はあった?

あんなに遠慮していたまめにもちょっかいを出しています。忙しい朝でもお構いなしになでなでを要求してくる遠慮知らずの王様猫になりました。


ーー育てる中で大変だったことと嬉しかったことを教えて

育てていて大変だと思ったことは一度もありません。ただ早食いなので、ご飯を吐き戻しすることが多く、たまに布団の上やキャットタワーから盛大に吐くのでそれは正直勘弁してほしいです。

幸せそうにお腹を丸出しにして寝ている姿や不自由なく生活してくれている姿を見るたびに嬉しく思います。我が家に来てくれて本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。

甘えん坊な性格。運動は好きだけど持久力が…

ーーどんな性格?

性格はとにかく甘えん坊です。かまってちゃんの嫉妬マンです。


ーー運動は苦手?

運動自体は好きなようなのですが、いかんせん太っているので持久力がありません。猫用おもちゃで1~2回使って激しく動くと疲れるようです。猫じゃらしも激しく動くのは最初だけで、あとは基本的に寝転がりながら手だけで遊びます。

ーー普段の様子は?

昼間は大好きな押入れで爆睡して起きると、大好きなキッチンマットの上でブラッシング&なでなでを要求します。夜はママの枕を奪い爆睡する王様のような生活ぶりです。


ーー反響についてどう思う?

「幸せ太りだねぇ」「お腹には幸せが詰まってるね」などと言って頂けると、ふうたもそう思っていると嬉しいなぁと思います。ふうたと同じようなおデブの猫ちゃんを飼っている方から画像を頂き、おデブ猫あるあるに花を咲かせてとても楽しいです。

しかし「太り過ぎで病気が心配!」など体を心配する声もあり、再度ダイエットに対して意識するキッカケになったと思います。病院には定期的に行っていて、今のところ病気の心配はありません。

保護当時は体型も食欲も普通だったが、いつもの食事に加えて猫缶をもらったことをきっかけに食に目覚めたというふうたくん。その後、食事の量を普通に戻してもなぜか太っていき7キロになったという。今のところ病気の心配はないとのことだが、是非とも健康には気をつけてほしい。

なお、yopichさんは、自身のYouTubeチャンネルでふうたくんとまめちゃんの日常を投稿している。

記事 4296 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。