スピードクライミングの日本代表に初めて選ばれた、林奈津美選手。
代表選手はほとんどが10代という中、林選手は30歳のシングルマザーだ。
決して恵まれた環境ではない林選手が、高い壁に挑み続ける姿を取材した。

1年足らずで日本代表に…武器はジャンプ力と筋力 

橋本和花子キャスター:
林選手がいらっしゃるという練習場にやって来ました。来たんですけど、姿が見当たらない。林さーん

林選手:
ここでーす!

この記事の画像(12枚)

橋本キャスター:
かっこいい!スパイダーウーマン

林選手:
よく言われます

高い壁の上からするすると降りてくる、スピードクライミング日本代表の林奈津美選手。

林選手が一躍、注目されるようになったのは2022年4月の大会だった。
10代が席巻するスピードクライミングの世界で、自己ベストを更新して優勝。
この種目を始めて1年足らずで日本代表に選出され、パリオリンピック強化選手にも選ばれた。

橋本キャスター:
1年でオリンピック強化選手だなんて…早いですよね

林選手:
誰しもがここまで行くとは、みたいな感じで。自分でもびっくりって感じですね

東京オリンピックで初めて採用された、スポーツクライミング。「ボルダリング」「リード」「スピード」の3種目がある。
林選手の専門は、15mの壁をどれだけ速く登れたかを競う「スピード」だ。

林選手を見ていると、橋本キャスターにも簡単にできそうに見えたのだが…

橋本キャスター:
全然手が引っ掛からへん。え!? ちょっと待って! あーーーー! かっこわる…

全く簡単ではなかった。

橋本キャスター:
ホールドとホールドの間の距離は決まってるんですか?

林選手:
(ホールドの)配置は世界共通で決まってるんです。1個1個の距離はばらつきがあるんですけど、普通に登ったら遠い距離ですね。ある程度の身長がないと

身長165cmの橋本キャスターが手を伸ばしても、全く手が届かない。
それを、身長153cmの林選手がどうやって登っているのかというと、ホールドからホールドに飛び移っているのだ。
このジャンプ力と筋力が、林選手の武器だ。

11歳の娘と暮らすシングルマザー

さらに特筆すべきは、これまでの人生で身についたメンタルの強さだ。
父子家庭で育った林選手は、金銭的な問題で高校を1年で辞めて働き、18歳の時に結婚。
娘の久玲亜(くれあ)さんを授かった。

普段は奈良県にある介護施設で働いて生計を立て、シングルマザーとして、11歳になった久玲亜さんと暮らしている。

橋本キャスター:
お母さんがパリオリンピックに出たらどう?

娘・久玲亜さん:
うれしいけど、離れるのはまだちょっと…日にちが長引くから、それは悲しい。「お母さん、すごいね」って言われるような選手になってほしい

林選手:
ちょっと寂しいけど…頑張る。その分、頑張ろうかなと

0.1秒を縮めるには、100時間の練習が必要ともいわれるスピードクライミング。
仕事と子育てと練習に追われ、顔面神経まひを患ったこともあった。

林選手:
10代の子より「気合を入れてやらないといけないな」とは、常に(思っています)。他の子よりも練習できてないのが分かってるので。30代前半なので段々体力落ちてくるんですけど、本気でちょっと打ち込んで、自分でやり切れたと思うまで、チャレンジし続けたいなと思っています

自己ベスト更新に挑戦! 果たして結果は?

橋本キャスター:
これまでの人生は、いばらの道でした。何度も壁にぶち当たってきました。しかし今、そのすべてを乗り越え、新たな壁に立ち向かっています。それでは登っていただきましょう。林奈津美さんのチャレンジです

この日、林選手は、自己ベスト8.65秒の更新に挑戦した。

記録は、8.95秒。
自己ベストにわずか0.3秒及ばなかったが、林選手は手応えを感じている。

林選手:
もう少し早くなるかなっていう感覚はあります。できれば夏の間に8秒台前半で、年内に7秒台が見えるタイムまで行けるように頑張ります

6月上旬に自己ベストを更新したという、伸びしろだらけの30歳。
限界という壁を駆け上がったその先には、パリの景色が広がっている。

(関西テレビ「報道ランナー」2022年6月13日放送)

記事 437 関西テレビ

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・徳島の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。