秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまは、きょう付けで、公益社団法人 日本工芸会の総裁に就任されました。佳子さまの総裁就任は初めてです。

佳子さまが総裁に就任した日本工芸会は、文化財の保護や育成を目的とした団体で、姉の小室眞子さんが去年10月の結婚まで総裁を務めていました。

宮内庁によりますと、佳子さまは眞子さんが関係者から説明を受けた際に同席するなど、工芸に関心があり、総裁就任の願い出を受けられたということです。

佳子さまが団体の総裁に就任されるのは今回が初めてで、今後は、総裁として、毎年9月に行われる伝統工芸展の総裁賞の選定や、授賞式への出席などが予定されています。(眞子さま当時の画像を含みます)

工芸展を鑑賞される眞子さん(2020年9月)
この記事の画像(20枚)
記事 931 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。