今話題のグルメの映像からヒットの理由を探る新コーナー「うま撮」。

今回はバーミヤンやガスト、ジョナサン、ロイヤルホストなど「ファミレスの冷凍食品」のヒットの秘密に迫る。

この記事の画像(15枚)

すかいらーくホールディングス 通販・配食事業チーム・池島徳彦さん:
冷凍食品の開発に大変力を入れております。


新型コロナが拡大して以降伸び悩み、いまだ厳しい状況の中にある、外食産業のファミリーレストランの売り上げ。

そんな中、本格的に始まったのが人気ファミレスの冷凍食品だ。

お手軽調理の本格中華に注目!

まずはバーミヤンから。
店舗で常に人気上位を誇る小籠包が、3月から通販で買える冷凍食品になったのが「バーミヤン本格小籠包」(8個入り・430円)。

レンゲにのせて振るとプルプルとふるえるやわらかい皮に、箸を入れると冷凍食品とは思えないほどの肉汁たっぷりのスープがあふれ出てくるこの小籠包。

蒸し器で11分ほど蒸せば簡単にできるというが、皮や餡を加熱せず、生の状態で冷凍しているため、蒸し器にかけるだけでふっくらもちもちもの状態に。

店舗販売と同じ材料を使用することで、家でも“お店のクオリティー”が楽しめるのだ。

渡邊渚アナウンサー:
お店と変わらないもちもち感です。肉汁も噛めば噛むほど口の中であふれてきます。


続いて、バーミヤンの店舗で常に人気トップ3の人気を誇る商品が冷凍食品になったのが、「バーミヤン本格炒飯」(430円)。
すかいらーくグループが3月に発売した通販商品の中で人気ナンバーワンだという。

すかいらーくホールディングス 竹島祐希さん:
バーミヤンでしか出せない唯一無二の味わいに加え、パラッとほぐれる食感にこだわりました。


粒が立ったしっとりパラパラのお米の秘密は、米に余計な水分がつかないように、急速で冷凍することだという。

ひと手間で“専門店の味”を再現!

サクサクでジューシーなこちらのから揚げ、から揚げ専門「から好し」で不動の人気ナンバーワン「ももから揚げ」も、1パック990円で冷凍食品に。
「からあげグランプリ」で2018年から4年連続金賞を受賞するほどの大人気メニューだという。

すかいらーくホールディングス 竹島祐希さん:
どのようにすればお店と同じとジューシーなから揚げがご家庭でもお楽しみいただけるかを工夫いたしました。


その工夫とは、下味がついた肉とから揚げ粉が別々に入っていること。
解凍した肉にから揚げ粉をまぶし、約170℃の油で約6分揚げたら完成!このひと手間で人気から揚げ店の味が自宅で楽しめるのだ。

早速、包丁で切ってみると…薄い衣の中には、ぷりぷりのジューシーなお肉が!

渡邊渚アナウンサー:
これ、本当に冷凍食品!?お店とほとんど味が変わらないです。

“追いスパイス”で本格仕上がりに

他にも、ジョナサンのロングセラー「ジョナサン スパイシーメキシカンピラフ」(235円)や、ガストの「ガスト本格キーマカレー」(290円)も冷凍食品に。

キーマカレーは10種類の野菜やキノコ、鶏肉などを使い、調理中にスパイスをかけた後、冷凍前の最終工程でさらにスパイスを追加することで、調理後も香りが引き立つように工夫されているという。

続いてはロイヤルホストの「オニオングラタンスープセット」(2人分・1240円)。

ロイヤル株式会社 首席料理長・西田光洋さん:
ロイヤルホストのお店で提供しているものとは若干違うんですけれども、今回ロイヤルで試行錯誤を重ねて、おいしい伝統の冷凍オニオングラタンスープを完成させました。


工場でおよそ12時間丁寧に煮込んだことで、琥珀色に仕上がったスープ。
このスープを湯せんで解凍して耐熱皿に移し、クルトンとチーズをのせ、トースターで焼き目が付くまで加熱すれば完成!


渡邊渚アナウンサー:
たまねぎがトロットロ!野菜の旨味がとっても染み出ていてコク深いです。

チーズを持ち上げてみると、途切れることなく伸びるやわらかさ!
チーズの厚みを一般家庭のオーブントースターで加熱しても火が通りやすい厚さに調整しているため、調理した時にトロトロになるのだという。

“温めムラ”なしで誰でもおいしく調理

続いて先週発売されたのが「ローマ風カルボナーラ~タリアテッレ~」(880円)。

レンジで温めるだけで美味しく食べられるのには、盛りつけの時に麺やソースの高さを均等にすることで、温めムラを抑えているという秘密があるそう。

渡邊渚アナウンサー:
クリームがとっても濃厚で、チーズの香りもたっぷりしてきます。レンジひとつでこのクオリティーが楽しめるのは驚きです。

(「めざましテレビ」4月5日放送分より)

めざましテレビ
めざましテレビ
メディア
記事 2146