新庄剛志"BIGBOSS"効果で、注目を集めるプロ野球・日本ハムファイターズ。本拠地となる新球場の建設が北海道北広島市で進んでいる。

開業まで、あと1年を切った。次々と新たな仕掛けが発表される新球場に、この1年どんなことが起こるのか。「世界がまだ見ぬボールパーク」は夢物語ではなく、現実へと近付いている。仕掛け人に話を聞いた。

この記事の画像(10枚)

新庄剛志監督:
これは世界で話題になる球場になりますよ

今までの球場にはない、日本初の施設や演出。開業へ高まるファンの気運、そして全国から注目される街へ。野球にとどまらないボールパークの可能性とは。

三層構造の球場 愛犬と一緒に観戦も

2023年3月に開業する「エスコンフィールド北海道」。日本最大級の大型ビジョンに、日本でフィールドに最も近いバックネット裏席など、世界がまだ見ぬボールパークは着々と工事が進んでいる。

新球場のキーマンである前沢賢さんに話を聞いた。

――内野スタンドが公開されました。どんな気持ちになりましたか?

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
フィールドに対して観客席が前に来ている感じが、野球場というよりコロッセオのよう

新球場は大きく三層構造に分かれていて、"最前列"を多く配置し座席幅を広げるなど、見やすさを重視している。さらに、場所によって様々な景色が広がるという。

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
3塁側エントランスは良い場所。私が小さい時、野球場に初めて入って感動したことを思い出させてくれる場所。一般的に価値がないと言われているポール際も球場の全体、ブルペンが見える。愛犬と一緒に見られる席を準備していると思います。

新球場の目玉は天然芝。ガラスの壁と開閉式の屋根を配置することで陽の光を取り込み、北海道の冬でも天然芝を生育できるよう実験を進めている。

実験場には"ミニ"ボールパークが、いくつも並んでいる。

新球場はテーマパーク "札幌五輪"にも

さらに、グラウンドの活用は野球にとどまらないという。

――冬の使い方は?

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
フィールド面にアイスリンクも敷くことも検討していて、技術的にはできることがわかった

――札幌五輪が決定となれば?

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
(新球場の使用が)できるか、できないかで言えばできる。無駄なコストがかかるなら、球場を使ってほしい

温泉やサウナに入りながら。そして、ビール醸造レストランからも観戦できるなど、日本の球場では考えられない施設を発表してきた。さらに、子どもたちの遊び場や農園で収穫体験ができることなども発表しているのだ。

――なぜ野球以外の施設が必要?

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
少子高齢化の中で、競技者人口を増やさないといけないというが簡単じゃない。野球との接点、タッチポイント作っていくことがことが重要。そのためには野球と関係ないことをちりばめることだと思う。キャンプもできますよ。グランピングもやりますんで。普通の野球場だと3時間くらい滞在して帰るけど、1泊2日前日野球をみて、翌日にキャンプしたり、お酒を飲んだり、お子さんと一緒にサイクリングしたりすることが、このエリアでできれば良いと思う

「何が生み出されるか…」北海道発展の起爆剤に

新球場効果で、北広島市の注目度も急上昇している。

地価上昇率は住宅地、商業地とも全国1位。先日、公表された全国の住宅地、商業地の地価上昇率で北広島市が上位を独占したのだ。

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
北海道にとって、近隣市町村にどう寄与していくのかが重要。移住って簡単じゃないから、どれくらい来るか分からないけど、少なくとも2023年にボールパークに、300万人に来場してほしい。野球以外も含めて。それによって、何が生み出されるかはこれからだと思う

最後に、ボールパーク完成が見えてきた今、どんな思いがあるのか聞くと…。

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
内部の役員、スタッフは必ずできると思って進んできた。こういう世の中で何でも規制があって、可能性を搾取されがちだけど、そうじゃないんだってことを示したかったし、北海道にできるんだということを見てみてほしかった

――最後に、世界がまだ見ぬボールパークになりますか?

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢賢 取締役:
必ずなると思います

(北海道文化放送)

北海道文化放送
北海道文化放送
メディア
記事 1038