2023年3月、北海道北広島市にプロ野球北海道日本ハムファイターズの新球場が開業する。
世界で初めて、試合も観戦できるビールの醸造所がついたレストランが誕生することが発表された。多くの人へ魅力発信を目指すボールパークの姿が、また一つ明らかになった。

報道陣に初めてお披露目された新球場の建設現場。ビールの醸造所は外野席のど真ん中、センターバックスクリーン側に設置され、野球を至近距離で楽しみながら球場で作ったビールを味わえることになる。

前代未聞…新球場に「ビール醸造所」!?

野球ボールの着ぐるみで登場した「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」の前沢賢取締役。一方、ビールのグラスに扮しているのは、クラフトビールのメーカー「ヤッホーブルーイング」の井出直行社長だ。

この記事の画像(8枚)

3月10日の記者会見でボールパークのレストランを運営するヤッホーブルーイングは、レストランにビールの醸造所を併設することを発表した。

ヤッホーブルーイング 井手 直行 社長:
これがロゴです。看板ビールのよなよなビールも提供しますが、新たなブランドです。球場内の醸造所で、オリジナルのクラフトビールを製造します。テイクアウト、店内利用も可能。
見学ツアーや、我々の得意なビールイベント。ただビールを飲むだけじゃなくて、楽しいことをやっていきたい。
球場のほぼ中央、バックスクリーンに設置します。開放的なルーフトップ席。空が一望できる屋上を開放してビールを飲む、フィールドとの一体感を演出するようなブルワリー(醸造所)になっています

ファイターズスポーツ&エンターテイメント 前沢 賢 取締役:
この球場、エリアは子どもたち、子育て世代にこだわっていきたい。一見ビールと子どもは隣接しない、シナジーがないと思われるが、ちょうどレストランの隣にボーネルンドと一緒にやるキッズエリアもある。そことのシナジー。大人も楽しめれば、子どもも子どもで楽しむことを融合できるような

センターバックスクリーンにつくられるレストラン。
球場に醸造所ができるのは日本初、さらにこうしたレストランから試合が観戦できるのは世界でも初めてだということだ。

「北海道産」の素材活用も検討へ

(Q.北海道の素材を使いたい思いは?)
ヤッホーブルーイング 井手 直行 社長:
まずは、北海道産は難しいかもしれませんが、こういうお話をしたらいろいろな縁もあると思う。北海道産の原材料も使えたらいいと、常に頭にあります。検討していきたいです

2023年3月、北広島市で開業する「北海道ボールパークFビレッジ」には、マンションや農業体験施設、玩具メーカー「ボーネルンド」と共に計画する子どもの遊び場などがつくられる。

さまざまな施設ができるボールパークで、老若男女を問わず多くの人が集まることをファイターズは目指している。

(北海道文化放送)

北海道文化放送
北海道文化放送
メディア
記事 1034